1986オメガドライブのカルロス トシキは今…ブラジルでニンニクの種球を育てている

1986年、1986オメガドライブのボーカルとしてデビュー

デビュー曲の「君は1000%」でブレイク

日系ブラジル人3世のたどたどしい日本語で人気を博した

W浅野のドラマ「抱きしめたい!」の

主題歌になった「アクアマリンのままでいて」もヒット

しかし1991年にバンドは解散

その後、ソロ活動を続けるも、1999年にブラジルに帰国した

 

35歳で帰国したカルロスは、レストランを経営

しかし経済が不安定なブラジルで飲食店を長く続けることはできない

種球生産会社に勤めることで安定を得た

当時のブラジルでは暑さなどが原因でニンニクができない環境が続いていた

カルロスは、専門知識を得るために49歳で大学に入学

バイオテクノロジーを専攻し、良質なニンニクの種球を開発

現在はニンニクのプロジェクトの総責任者に

現在、カルロスが勤めるニンニクの種球の国内シェアは90%以上 (25)

スポンサード リンク
スポンサード リンク