完璧主義者のマイケル・ジャクソンが唯一妥協したPV

ネットで調べてもほとんど出てこない裏ニュースで紹介

 

●完璧主義者のマイケル・ジャクソンが唯一妥協したPV

 

完璧主義者だったマイケルだが、ある演出のため、

妥協せざる得なかったのが「Beat It(1983年)」

 

平和を愛するマイケルが、無駄な暴力で大切な命を捨てないでほしい、

というメッセージを込めている

 

そのためPVでは抗争を繰り広げるギャングの世界を描いている

作品のメッセージをより明確に伝える方法はないか、マイケルは悩んだ

 

そこでマイケルは、メインのダンサー以外は本物のギャングを起用する事に

彼らはダンスに関してはド素人、撮影前、振り付けを覚えてもらった

 

撮影中に対立するギャングたちのリアルな喧嘩が勃発

現場は一触即発の状態となり、NGが出ても撮り直すことなどできなかったという (272)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク