キャンギャル:児島玲子は今…年間200日を海の上で過ごすプロ釣り師に転身

爆報!THEフライデーで紹介

1998年、アサヒビールイメージガール:児島玲子

ビール業界のアイドルとして将来を有望視され、

スターの仲間入りも時間の問題と思われていた

しかしデビューからわずか数年で表舞台から姿を消した

 

●キャンギャル:児島玲子は今…年間200日を海の上で過ごすプロ釣り師に転身

18年前、釣り番組のアシスタントに起用された児島は、

釣りの楽しさに目覚め、26歳でアイドルを辞め、海を渡り歩く釣り人に

今では女性プロ釣り師のお第一人者

コジレイの愛称で釣りファンに愛されている

 

自宅の仕事部屋には5万円を超えるプロ用の釣竿が100本

児島の生活は釣り一色

 

午前2時に起床し、正午まで沖で釣り、夕方に帰宅したのちに

就寝までの4時間以上を翌日の釣りの準備にあてる

この生活を年間200日以上、18年間に渡って続けている

 

・ダイニングバー・ピア:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央43-12

自分が釣った魚を美味しく食べたいと開店させた (546)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク