スペインに嫁いだ女優:児玉百合香

●スペインに嫁いだ女優:児玉百合香

石坂浩二が主演した「水戸黄門」で女忍者みつ役を演じた

スペインでも女優の仕事を続け、ドラマや映画に引っ張りだこ

夫:ヘスースさんは大学時代の同級生と弁護士事務所を立ち上げ、共同で経営

●2人の出会い

1973年、鹿児島県生まれ

父親は厳格な九州男児

一人娘の百合香は、大切に厳しく育てられた

小中学校では演劇部で活躍、夢は女優になること

高校卒業後、海外留学を諦め、桐朋学園芸術短期大学の演劇選考に進学

卒業後、トントン拍子で水戸黄門のオーディションに合格

1年後、ニューヨークで短編映画にも出演

そこでスペインから来た映像監督のアントニオと知り合う

2人はすぐに意気投合、いつしか恋人のような関係に

彼がスペインに帰るころには共に歩む決意

父に相談すると

「馬鹿か!スペインに行くと言うなら2度と帰ってくるな!地獄へ落ちろ!」

百合香は、勘当同然でスペインの彼の元へ

彼の家に行くと「何で来たの?来てほしいって言ったっけ?」

恋人だと思っていたのは、百合香だけだった

このままでは帰れないとスペインに留まった

昼はスペイン語学校に通い、夜は週6日 必死にアルバイト

バイト代に大半は家賃と学費に消え、1か月の食費は4000円

さらに毎月1万円を両親に振り込んでいた

苦労して身につけたスペイン語を活かし、日本語教室をスタート

その教室の新しい生徒としてヘスースが現れた

仕事も徐々に軌道に乗り、念願の新居への引っ越し

その手伝いに来てくれたのもヘスース

その日をきっかけに交際がスタート

百合香の両親ともテレビ電話で挨拶した

父はヘスースを受け入れた

付き合って3年が経った頃、父親がくも膜下出血で亡くなった

天国の父に見守られながら2011年にヘスースと結婚 (605)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク