俳優:大浦龍宇一が育った複雑な家庭環境

解決!ナイナイアンサーで紹介

 

●俳優:大浦龍宇一の育った複雑な家庭環境

2000年11月、一般女性と交際わずか半年で結婚

その3年後、2人の間には主之和(すのわ)くん誕生

しかし夫婦間の価値観の違いから2007年、離婚

現在、10歳になる主之和くんと都内の6畳一間で2人暮らし

俳優という仕事柄、帰宅が深夜になる事も多い

子育てと仕事の両立に悩んでいた

息子をベビーシッターにお願いするほど経済的な余裕もない

 

そこで大浦が頼ったのが、父:由紀夫さん

由紀夫さんも30年前に離婚

現在は静岡県沼津市にある6畳一間のマンションにひとり暮らし

収入は月8万円の年金のみ

さらに、柔らかいうどんすらまともに喉を通らない

20年前に胃潰瘍を患い、胃の半分以上を摘出

それ以来、食道が狭くなってしまう食道狭窄という症状が現れ、

食事がのどを通りづらくなり、

うどん一杯食べるのに30分以上かかってしまう事があるという

 

息子の助けになればと、わざわざ沼津から東京へ出向き、孫の面倒を見ている

由紀夫さんが寝泊まりするのは1泊3500円のカプセルホテル

狭い大浦の家に由紀夫さんが寝るスペースはない

できれば同居したいと願う由紀夫さん…しかし

 

●父親との同居を拒む大浦

1人息子のことを考えると父との同居は考えられない

今は老いた父の面倒を見ることはできない

大浦は頑なに同居を否定する

 

原因は大浦の複雑な家庭環境にあった

実は大浦の祖父は、昭和の大スターと称された俳優:高田浩吉

その祖父の大豪邸で大浦と父は暮らしていた

家では祖父の権威が絶大

そして祖父は大浦に対して父親代わりとして振る舞った

ちなみに叔母は女優の高田美和、母方の祖母が毛利峰子

 

そんな華やかな祖父とは対照的に父は祖父のマネジャーを務めていた

父は家の中では日陰の存在

普通の家庭環境ではなかった

祖父のマネージャーを辞めた後、役員を務めていた会社が倒産

その際できた数千万の借金を肩代わりするはめに

当然、父にそんな財産はなく結果、祖父の資産で返済

膨大な資産を継ぎこんだうえ、自己破産

 

「父が自分の盾にならなかった分、自分はこの子の盾になろう」

父は反面教師でしかない、絶対父のようにならない

そんな決意から父との同居を拒否し続けている

息子を育てる事に専念したいという

 

そんな親子が本音で話し、父:由紀夫さんは過去を初めて詫びた

父の老後、それは息子にとって避け続けてきた現実

 

“じいじいへ いつも来てくれてありがとう 1番楽しかったのが遊園地で遊んだことです。こないだ学校で野菜スープを作ったから今度一緒に作ろうね。じいじいはご飯を食べてゆっくりしてたらたまに寝ちゃうから、ちょっと寂しいです。今度将棋をやった事ないからやってみたいです。じいじいは体が悪いけどできればパパと3人でもっと色んな所に行きたいです。じいじいには苦労をかけたくないです。また遊ぼうね 主之和”

 

主之和くんの手紙が親子の溝を少し埋めた (20564)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク