宮沢りえの「Santa Fe」撮影秘話

1991年11月13日、人気絶頂だった宮沢りえ(当時17歳)が

ヌード写真集「Santa Fe」を販売

 

発行部数は155万部、芸能人が出す写真集の発行部数No.1

 

撮影したのは、篠山紀信

彼は美人と会うと「今度ヌードいつ撮る?」と言うのが口癖だった

 

●宮沢りえの「Santa Fe」撮影秘話

 

当時、彼女のマネージングしていたのは、宮沢りえの母親:りえママ

 

篠山とりえママが食事をしていた時、

何気なく「りえちゃん ヌードいつ撮るの?」

当然 りえママは、何言ってるの?と否定すると思いきや、

「撮るんだったら連休明けの休みね」と回答、篠山が一番 驚いたという

 

りえママは、宮沢りえがスター過ぎて

次の展開をどうすればいいのか?悩んでいた

誰もやった事が無い 世界が驚く事をしたい というタイミングだった

そんな時に、篠山のリップサービスがあったので、ビビッと快諾した

 

このやり取りを、宮沢りえは一切聞いていなかったという (500)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク