スピードスケート選手:山田伸子は今…シングルマザーになり鍼灸師に転身

●スピードスケート選手:山田伸子は今…シングルマザーになり鍼灸師に転身

ショートトラックの日本代表として

1988年 カルガリー五輪から5回もの五輪に出場

しかし いずれの大会でもメダルは獲得できず最高は4位

2006年に現役を引退した

 

36歳のとき、ジムのトレーナーと結婚したが、出産直後に離婚

山田はシングルマザーとして娘:恵を育てている

そんな娘はフィギュアスケート選手として五輪で

金メダルを獲得する夢に向かって日々練習している

会費、コーチ料、振付料、リンク滑走料など娘にかかるお金は毎月10万円

その費用を稼ぐため、山田は鍼灸師に転身した

主に高齢者を対象とした自宅訪問治療を行っている (51)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク