シュタイナー学園で感性を磨いた俳優:斎藤工

1981年、東京都世田谷区に生まれた俳優:斎藤工

2歳年上の姉と2人姉弟

当時、映画やCMを制作していた父に連れられ、

幼い頃から映画館に通っていた

中でもハマったのが、仁義なき戦い

とにかく映画大好き少年だった斎藤は、

レンタルビデオ店に行き、よし「あ」行から順番に攻めよう

五十音のタイトル順に観賞、3年間でその全てを制覇した

 

●斎藤家の食事はマクロビ

煮干しや玄米パンを食べて育った

幼い頃は、ポテトチップスを食べたことがなかった

 

●シュタイナー学園

のびのびと育ってほしいという両親の願いから

シュタイナー学園に入学

 

哲学者:ルドルフ・シュタイナーが

芸術性を重視して子供の感性を磨くという教えのもと、

シュタイナー教育がドイツで生まれ、

他とは違うユニークなカリキュラムを実践

それを初めて日本で取り入れたのが、シュタイナー学園だった

 

当時の教室はアパートの一室

斎藤の学年の生徒数は、たった6人

当時の授業では教科書やテストは無い

自分たちの手でゼロから家を建築し、

畑で作った米をバザーで販売

音楽と言語を体の動きで表現する教科:オイリュトミーや

定期的に演劇の授業がある

 

後輩には、俳優:村上淳と歌手:UAの長男:村上虹郎がいる

 

地元の公立の中学のサッカー部に入りたくて

小学6年生の3学期の途中から公立の小学校に転校

公立の勉強についていくために母親と算数、国語、

理科、社会の勉強を2週間で詰め込んだ

 

●世界を知る

小学3年生のとき、授業の一環で初の海外旅行

その機内で見た大西洋を中心に描かれた地図に衝撃を受ける

僕は まだ世界の片隅しか知らない、

もっと色々な世界をこの目で見たい

その資金を稼ぐため、

モデルなら世界中に事務所があるから困らないだろうと、

高校1年生のとき自ら事務所に電話し、モデル活動をスタート

 

●バックパッカー

学校に通いながら長期休みには一人バックパッカー生活

世界各地でオーディションを受け、仕事をしながら旅費を稼いでいた

 

●洋服引き裂かれ事件

パリでオーディションを受けるため、地下鉄に乗っていたとき、

酔っ払いの男が斎藤に近づき、いきなり洋服を引き裂いてきた

何とか逃げ延びたが、破れた洋服のままオーディションへ

すると破れた服がオシャレに見えたのか、合格

 

●掘った穴に生き埋め事件

オーディションに向かうため家を出ると突然

見知らぬ男たちに車で連れ去られ、気付けば人気のない丘へ

すると「穴を掘れ」と命令

男たちの監視のもと、言われるまま穴を掘る

死の恐怖に覚えながら掘っていると

「ジョークだよ」と言い残し、男たちは去っていった

 

●パリ・コレクション

高校3年生のときには、パリ・コレクションに出演

その後、モデルだけでなく役者としてもデビューするが、

ほとんど仕事はなく毎日早朝から新聞配達のアルバイト生活

ミュージカル「テニスの王子様」に出演したことで一躍注目を浴びる

おもいッきりDON!の人妻混浴温泉では、

温泉をリポートしながら人妻と混浴するコーナーを担当

2014年、ドラマ「昼顔」で主演し、ブレイク

 

●冷麺にこだわる

焼肉の〆は、決まって冷麺だが、必ず店員に「何冷麺ですか?」と聞く

結局 店員では応えられず、店長を呼ぶはめになる

冷麺と韓国冷麺と盛岡冷麺に分かれるが、斎藤は盛岡冷麺が好き

生地の粉の割合を注文する前に聞いておきたいだけ (675)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク