俳優:星野源を生んだヨウコちゃん

俳優:星野源の原点

2012年12月、くも膜下出血で倒れ手術、一度は復帰するも2013年9月に再手術

辛いことは経験したし明るいところだけを見ていきたいと「♪SUN」を生んだという

 

●お腹がゆるい

子供の頃からお腹がゆるく、小学3年生までおもらしをしていた

それは今も続いており、横浜アリーナのライブで

1万2千人を残してトイレに行ったほど

 

●役者への転機

中学1年生の時に初めて友人になったのが、同級生:戸田修輔だった

彼からある日「演劇やらない?」と言われた

「高校3年生の先輩から誘われたんだけど…源もやらない?」

誘われるまま演劇を始めたのが、役者になるきっかけ

星野の役者としての努力を見せつけられ、戸田さんは役者を諦めたという

 

●愛すべき母親:ヨウコちゃん

星野は母親のことを「ヨウコちゃん」と呼ぶ

大人になるにつれて恥ずかしくなり「お母さん」と呼んだことがあったが、

「私はお母さんじゃない!とブチ切れられた

 

学校に通い始めた星野が、徐々に暗くなっていった

そんな星野を楽しませようと色々考えてくれた

「さ~おだ~け~」と竿竹屋が家の前を通ると突如「帰らなくちゃ」と言い始めた

竹から生まれたかぐや姫が月に帰るように、竿竹から生まれたヨウコちゃんは

「帰らなくちゃ。源、ごめんね」と涙を流しながら戸を閉め、外へ

1時間後に「ただいま」とスーパーの袋を持って帰ってくる

 

さらに母親が風呂のお湯を抜いている時「源ーっ!」と呼ばれた

慌てて助けに行くと母親が「吸い込まれるーっ!」

源は泣きながら助けようとする (4334)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク