外国人に憧れている元プロボクサー:浦和洋一

●外国人に憧れている元プロボクサー:浦和洋一

 

元全日本ジュニアウェルター級1位

そんな彼が外国人になるためにしてきた努力がスゴイ

 

・しかめっ面トレーニングで彫りを深くする

10年近くトレーニングをすることで奥目になってきた

 

・前歯を全部無くした

前歯の入れ歯は、納豆のパックで持ち歩いている

前歯が出ている日本人の横顔を嫌で、前歯を抜いた

 

・アパートの壁を使って拳を筋トレ

顔も体も狂気にするため

毎日 硬い壁を素手で36発 殴り、殴りタコを作っている

 

・いかついタトゥーを入れた

坊主と髭のタトゥーをタイで入れ、髪を剃ると現れる

 

・表札はカタカナで「チャンピオン」

 

・NHKのイタリア語学講座を欠かさずチェックしている

 

・部屋にはバラの造花を1000本飾っている

 

・毎日 腹筋300回

 

・シンボルにシリコンを6個を入れている

25年前、外国人とも対等に勝負できるようにシンボルを改造した

前のタイ人の妻に「どっちがいい?」と聞いたところ

「チャンピオンがええに決まってる」 (14)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク