父:哀川翔へ対する女優:福地桃子の不満

父は哀川翔で、5人兄妹の末っ子

 

●父の出張中、カブトムシの世話をお願いされる

哀川翔は、カブトムシを大量に飼っている

温度湿度にデリケートなカブトムシのためだけの虫部屋がある

そこには50個くらいの虫かごがある

たまにロケで出張するときにカブトムシの世話を頼んでくる

50個の虫かごからカブトムシを出して、洗って、また戻す

終わりの見えない作業が続く

次にお願いされても、断り続けている

 

●クリスマスツリーに干物を干していた

毎年、庭にある大きな木を飾りつけしてクリスマスツリーを作る

次の日、クリスマスツリーを見ると、見覚えのないモノが吊るされていた

なんだろうと見てみると、哀川の自家製の干物だった

「ここ日当たり最高!」と言われ、何も言えなかった

 

男友達を家に連れて行くと、哀川が筋肉を自慢したいだけで男友達相手に腕相撲をする

 

産まれたばかりの赤ん坊が桃のようにピンク色だったため

「桃子だ!桃子だ!」と哀川が命名

可愛い娘と離れたくないと、よく桃子を撮影現場に連れて行った (22)

スポンサード リンク
スポンサード リンク