霊能者:立原美幸は今…ゴミ屋敷のような家で暮らし、占い師に転身

1999年、奇跡体験アンビリバボーの心霊写真コーナーに出演

その後、心霊モノの様々なメディアに登場

2000年代、オカルトブームの終焉とともに表舞台から姿を消した

 

立原は今でも心霊スポットで霊視することを日課としている

そんな立原の住む自宅は、ゴミ屋敷状態

2階に霊が出たことで寝室を1階に移し、汚部屋と化した

夫とは1981年に結婚し、3人の子供授かった

 

テレビの仕事を失い、葬儀社に再就職したとき

善意で死者の声を伝えたところ、遺族からクレームが殺到

葬儀社は首になり、その後も職に就けなかった

●霊能者:立原美幸は今…ゴミ屋敷のような家で暮らし、占い師に転身

タロット占いに霊能力をプラスし、相談者の先祖や守護霊などを

カードに呼び寄せるゴーストタロットを生み出し、人気を博している (52)

スポンサード リンク
スポンサード リンク