42歳の若さで膀胱がんを発症した竹原慎二

爆報!THEフライデーで紹介

●42歳の若さで膀胱がんを発症した竹原慎二

1995年、WBA世界ミドル級チャンピオンに輝いた

しかし翌年、網膜剥離に苦しめられ、初防衛に失敗し 現役を引退

2000年から「ガチンコ!ファイトクラブ」にコーチとして活躍

1997年、会社員の香織さんと結婚

2人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた

念願だったマイホームを手に入れたある日、突然の頻尿により

1日10回以上トイレに駆け込むようになった

病院に行くと膀胱炎と診断、そして半年間、膀胱炎の薬を飲み続けた

しかし頻尿の症状は一向におさまらなかった

2013年6月、局部に激痛が走った

用を足す時、熱い塊が出るような感じ

再度病院に駆けつけるも前立腺炎と診断される

2013年大晦日、突然 尿意をもよおしトイレに駆け込んだところ、血尿が

そこで総合病院で精密検査、2014年2月、浸潤性膀胱がんと診断

竹原は2.5㎝の悪性腫瘍ができており摘出が難しい状態だった

42歳の若さで発症したがんは、進行スピードも速かった

竹原は全ての仕事をキャンセル

元WBAスーパーフェザー級チャンピオン:畑山隆則が大学病院を紹介

2013年3月、膀胱がんがリンパ節に転移してしまった

進行度はステージⅢ

2014年3月28日、2か月半にわたり抗がん剤を投与

腫瘍を小さくして膀胱とリンパ節の摘出手術を行う方針を決定

 

妻はがんに関する本を何十冊も読み勉強

担当医と事細かくに相談しながらメモをとり

3冊に及ぶ独自の「がんノート」」を作成

無農薬野菜ががん細胞の抑制に効くと聞けば、地方から取り寄せ、

肉ががん細胞の進行を早めると聞くと動物性たんぱく質を控え、

大豆などの代用肉に差し替えた

さらに調べた民間療法を試した

びわの葉療法:びわの葉と温めたこんにゃくを乗せ体を毎日2時間温める

1本3万円の海藻エキス入りドリンクを12本購入

体の免疫力を高めて、がん細胞を抑制をうたう療法を

計12回 総額400万円かけて夫に受けさせた

 

2014年6月12日、手術は無事成功

妻の献身的な支えで日に日に回復していった

亭主関白だった竹原は、妻に感謝した

「ママが来てくれて助かってます。愛してるよ。大好きだよ。ありがとね」

手術から半年後、初めての精密検査の結果、がんの転移はなかった (661)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク