Monthly Archives: 10月 2016

1987年、三井のリハウスのCMに出演しブレイクした宮沢りえ

18歳の時には「Santa Fe」を出版、

貴乃花との婚約や婚約解消

マネージャーのりえママの写真集、

芸能活動休止など

様々な経歴を経て、女優として定着した

 

●役によって香水を変える

台本を読んで香水やアロマオイルを買いに行く

時代劇の時は、お香っぽいニオイに

 

●やめられない癖

ぬか漬けを触った手を洗った後のニオイを嗅ぐ (45)

スポンサード リンク

原泰久は、ガンダムUCのBGM「MOBILE SUIT」を聴きながら漫画を描く

ガンダム好きは、兄たちの影響

 

大学を卒業後、電機メーカーにプログラマーとして就職

サラリーマン生活は楽しかったが、

これといった見通しもないまま27歳で会社を辞めた

そのころに交際していた女性と結婚

 

キングダムに登場するキャラクターには、

サラリーマン時代の仲間が登場する

荻野さんが、オギコ

怪力の有田さんが、田有

中村鉄司さんが、中鉄

宮井元康さんが、宮元 (257)

●俳優になったきっかけ

瀬戸を最も俳優にしたかったのは、母親

介護の仕事をしている母親は、元々芸能界に憧れていた

それが叶わず、瀬戸に夢を委ねた

獣医を目指すほど成績が良かった瀬戸だったが、

現在の事務所のオーディションに合格し、

高校を辞めて上京する瀬戸を後押しした

妹で優香似の瀬戸さおりは、女優として活動している

 

●反抗期がなかった温和な瀬戸の怒り

中学2年生のときに初めて彼女ができ、高校1年生のときにフラれた

勉強と部活を真面目にやっていたら急に連絡が取れなくなった

どこにぶつけたらいいのかモヤモヤが、部屋の壁に穴をあけた

 

●末っ子の妹を溺愛

妹は2人、年子の瀬戸さおりより、

4つ下の瀬戸ありさを可愛がっている

 

瀬戸さおりから相談を受けることは無く微妙な関係が続いている

 

●兄のような存在の俳優:高橋一生

舞台で兄弟の役で共演、もちろん高橋は兄役だった

稲川淳二のホラーナイトを一緒に観に行ったり、

プライベートでも仲良くしている

 

●霊感が強い

母親も霊感が強く、白い靄の人影が見える

その靄を亡くなった祖父だと感じるほど (102)

●スピードスケート選手:山田伸子は今…シングルマザーになり鍼灸師に転身

ショートトラックの日本代表として

1988年 カルガリー五輪から5回もの五輪に出場

しかし いずれの大会でもメダルは獲得できず最高は4位

2006年に現役を引退した

 

36歳のとき、ジムのトレーナーと結婚したが、出産直後に離婚

山田はシングルマザーとして娘:恵を育てている

そんな娘はフィギュアスケート選手として五輪で

金メダルを獲得する夢に向かって日々練習している

会費、コーチ料、振付料、リンク滑走料など娘にかかるお金は毎月10万円

その費用を稼ぐため、山田は鍼灸師に転身した

主に高齢者を対象とした自宅訪問治療を行っている (38)

1999年に結成したケロポンズ

痩せているケロさんは、54歳、

太っているポンズさんは48歳

 

エビとカニに扮して踊る「カビカニクス」で大ブレーク

 

そんなケロさんは、甲殻アレルギー

公演で地方に行った際、

気遣った主催者が食事でエビやカニが出すことが多い

ケロさんが食べられないので、全てポンズさんが食べつくす (18)

スポンサード リンク