Monthly Archives: 3月 2017

1985年、埼玉県生まれ

国立音楽大学卒業後、2008年にフジテレビ入社

●加藤綾子が女子アナを目指したきっかけ

当時、付き合っていた彼に、

音楽の先生になろうかなと相談したところ

「(加藤には)魅力がない」と言われ、

カッコいいイメージのアナウンサー試験を受けてみた

 

●あだ名は「あやコング」

小学校3年生の頃、誰にも負けないお喋り、

すぐに手が出るほど凶暴な事もあった

「キリギリスっていうのはこうやって言うの!」と

滑舌の悪い友人にキレイな滑舌で言いはじめた

その友人の滑舌も良くなってくると

「私が滑舌を直してあげた」と恩を着せる

幼稚園年少から始めた得意のピアノ、

小学校6年生の頃には中学生の課題曲を弾くほどの腕

 

●優香に似ていると思い込んでいた

中学生時代、父親から「優香みたいだね」と言われ、

それ以来「優香」に似ていると思い込み、

今度は自分から「優香似」とアピール

高校生時代、テンションが上がった時に使うのが、

中指と薬指を開いて目の横に持って行き「ヨロメガ」

 

当時、昼ドラの「牡丹と薔薇」が流行っていた

誰かがボケたり普通の会話でも

小沢真珠のマネで「このブタ!」を連発していた

他人に髪の毛を指でグルグルに巻かれ、

頭皮を引っ張られるのが気持ちよく、

引っ張る力が弱いと「もっと強く引っ張って」と懇願していた

小さい頃から寝る時に自分で髪の毛を引っ張るのが好きだった

 

●肉が苦手なカトパンだが…

三宅アナに連れて行ってもらったお店で…

「そのお肉美味しそうですね。私高いお肉だったら大丈夫なんです」

元々アレルギーで「お肉を食べちゃダメ」と言われて食事療法を続けてきた

しかし、高くて美味しいお肉なら多少痒くなっても構わない…思ってしまう

 

●入社前からの評判 スーパー綾子伝説

アナウンサー志望の学生が何処で受かったなどの情報が上がってくる

その中でスゴイのがいる、と噂となっていたのが加藤綾子だった

スーパー綾子はキー局3局から内定を獲得していた

 

●「めざにゅ~」で女子アナを辞めたいと思った

斉藤舞子アナによると

さわやかな笑顔で「めざましテレビ」の顔とも言えるカトパン

新人の頃「めざにゅ~」の担当で

「夜中に起きる生活がツライ」と涙目で相談された

入社したばかりなのに1時起きの生活は辛く「すぐに辞めたい」と思うほど…

 

●加藤綾子アナと一緒に飲みに行くと…

山崎夕貴アナによると

カトパンは周りの人にお酒を勧めるのが得意

彼女に勧められるとついつい飲んでしまうので

一緒に飲む人は大抵ベロベロになる

ある日、9時間飲んだ翌日に、

三田アナとディズニーシーに遊びに行くほどお酒が強くタフ

 

●ものすごい飽きっぽい性格

山崎夕貴アナによると

キレイになるために自分磨きに余念がないカトパン

実はものすごい飽きっぽい性格

10万円近いトレーニングマシンを買っても

すぐに使わなくなったり、スポーツジムに入会しても2ヵ月で退会する

恋愛は飽きっぽくない、付き合うと大体何年は続く

 

●好きなタイプは家族と仲が良い家庭的な人、あとは筋肉

細身よりはガッチリの方が好き (17)

スポンサード リンク

20代の頃、シャンソン歌手として活動していたが、全く売れなかった

ある日、一本の電話が

「ラジオで久米宏の新コーナーがスタートするのですが、アシスタントのオーディションを受けて頂けないでしょうか?」

面識もないラジオのスタッフからオファーが来た

オーディションに参加してみると簡単な面接だけで採用された

実は、辺見マリを呼びたかったスタッフが間違って、

平野レミを呼んでしまったという

辺見マリと平野レミは、当時、同じレコード会社に所属

2人ともまだ売り出し中で、顔と名前が一致しないレベルだった

その後、人違いだと判明したが、

レミの喋りが面白かったことから そのまま採用

 

このラジオを聴いていたイラストレイターの和田誠は、

顔を見たこともないレミの人柄に惹かれ、

久米宏にお願いして紹介してもらい、2人は出会った

その出会いから1週間後に結婚

夫の和田誠は、毎週金曜日、仲の良い芸能人や

文化人を自宅に招待して食事会を開いていた

そしてレミの料理を舌の肥えた大物芸能人たちが大絶賛

これをきっかけに雑誌で家庭料理の記事を書くことに

 

そしてNHK「きょうの料理」から出演オファー

1回だけのお試しで出演することに

作るのは、レミ考案の牛トマ

牛肉とトマトをバジルで味付けするお手軽料理

まずはフライパンで牛肉を炒め、

そこに乱切りしたトマトを入れる予定だったが、

トマトを切らずに握りつぶして投入した

放送後、見るに堪えないと視聴者から抗議が殺到

プロデューサーからも厳重注意され、

もうNHKからオファーが来ないと諦めていた

数日後、ある新聞の読者の投稿欄に、レミの料理を絶賛する記事が掲載

これがきっかけで「きょうの料理」のレギュラー出演が決定した (25)

物理学博士だった祖父の書斎に、

ドイツ語や英語の学術本が並んでいるのに

憧れたのがきっかけで、東大を目指す

父は東京大学卒業、母はお茶の水女子大学 卒業の元CA、

祖母は大阪大学 卒業の元CA

弟は、慶應義塾大学

 

幼い頃は、バレエを習っていた典型的なお嬢様

中高は、約1/3が東大に進学する女子高 桜蔭学園出身

中学受験の時のインタビューで、

将来 何になりたい?の問いに「お医者さん」

大学はどこに行きたい?「東大」と答えていた

高校生の時に気象予報士の資格を取得

 

そして東京大学理科一類に現役合格

最高偏差値は、78

卒業論文は、防波堤の研究

内水面の振動と外の振動周期から卓越周期を調べ、

卓越周期に合わせて、ケーソン設計すれば良いという論文

ミス東大コンテスト2015で準ミスグランプリに輝いた

大学2年生の時にNEWS ZEROのお天気キャスターに抜擢

 

そんな磯貝は、中京テレビに入社し、

女子アナとして怒られる日々が続いている

勉強以外は一切やってこなかったツケが回ってきた

・20歳まで化粧をしたことがなかった

・いまだに母親が選んだ服を着ている

月に一度 東京から名古屋に来て1か月分のコーディネイトを撮影

毎日 娘の行動に合わせて洋服をLINEで指示している

母親によると「要領が悪くて、自分で決められない」

 

ストレス解消は、週3の1人カラオケ

ダンスサークルに所属していた磯貝のダンスはキレキレ (79)

●肉は1年に1回

年配の家族が多く、夕飯は5時から

メインは、大体 魚

家族の誕生日は、主役の好きなものが食べられる

祖父は、マグロ、祖母も消化に良いモノ

母とカレンの誕生日だけ、ステーキが食べられる

 

●風呂の後は、生卵サイダー

祖母が考案した夏だけ飲む生卵サイダー

生卵をコップに割り、かき混ぜ、

常温のサイダーを入れて、一気飲みする

カレンいわく、美味しいらしい

 

●トイレのドアは閉めない

祖父、祖母、母、カレンの家族全員がトイレのドアを閉めない

その理由が、

家族全員が宅配を好み、宅配業者が、

毎日 家に来るのでピンポンが聞こえるようにドアを閉めない

犬の出入りがあるのでドアを閉めない

排泄の匂いが溜まるのが嫌だからドアを閉めない

 

●母は、ウクライナ人しか愛せない

日本にロシア人を呼び、バレエスタジオを経営している

  (76)

アイドル時代から仲のよい岩佐真悠子によると

エリカの度が過ぎる行動に迷惑をかけられています

 

一緒にクラブに行くとエリカは、

かなり露出が激しいドレスを着ているにもかかわらず、

いつもノーブラなんです

 

そんな恰好なのに、

はしゃぐから横から何度も見えそうになり、

そばでハラハラしています

 

さらにお酒が入るとテンションが上がり過ぎて

周りのことなどお構いなしに

叫んで踊って笑って泣いて大騒ぎ (152)

スポンサード リンク