Category Archives: デビュー/引退秘話

1985年、埼玉県生まれ

国立音楽大学卒業後、2008年にフジテレビ入社

●加藤綾子が女子アナを目指したきっかけ

当時、付き合っていた彼に、

音楽の先生になろうかなと相談したところ

「(加藤には)魅力がない」と言われ、

カッコいいイメージのアナウンサー試験を受けてみた

 

●あだ名は「あやコング」

小学校3年生の頃、誰にも負けないお喋り、

すぐに手が出るほど凶暴な事もあった

「キリギリスっていうのはこうやって言うの!」と

滑舌の悪い友人にキレイな滑舌で言いはじめた

その友人の滑舌も良くなってくると

「私が滑舌を直してあげた」と恩を着せる

幼稚園年少から始めた得意のピアノ、

小学校6年生の頃には中学生の課題曲を弾くほどの腕

 

●優香に似ていると思い込んでいた

中学生時代、父親から「優香みたいだね」と言われ、

それ以来「優香」に似ていると思い込み、

今度は自分から「優香似」とアピール

高校生時代、テンションが上がった時に使うのが、

中指と薬指を開いて目の横に持って行き「ヨロメガ」

 

当時、昼ドラの「牡丹と薔薇」が流行っていた

誰かがボケたり普通の会話でも

小沢真珠のマネで「このブタ!」を連発していた

他人に髪の毛を指でグルグルに巻かれ、

頭皮を引っ張られるのが気持ちよく、

引っ張る力が弱いと「もっと強く引っ張って」と懇願していた

小さい頃から寝る時に自分で髪の毛を引っ張るのが好きだった

 

●肉が苦手なカトパンだが…

三宅アナに連れて行ってもらったお店で…

「そのお肉美味しそうですね。私高いお肉だったら大丈夫なんです」

元々アレルギーで「お肉を食べちゃダメ」と言われて食事療法を続けてきた

しかし、高くて美味しいお肉なら多少痒くなっても構わない…思ってしまう

 

●入社前からの評判 スーパー綾子伝説

アナウンサー志望の学生が何処で受かったなどの情報が上がってくる

その中でスゴイのがいる、と噂となっていたのが加藤綾子だった

スーパー綾子はキー局3局から内定を獲得していた

 

●「めざにゅ~」で女子アナを辞めたいと思った

斉藤舞子アナによると

さわやかな笑顔で「めざましテレビ」の顔とも言えるカトパン

新人の頃「めざにゅ~」の担当で

「夜中に起きる生活がツライ」と涙目で相談された

入社したばかりなのに1時起きの生活は辛く「すぐに辞めたい」と思うほど…

 

●加藤綾子アナと一緒に飲みに行くと…

山崎夕貴アナによると

カトパンは周りの人にお酒を勧めるのが得意

彼女に勧められるとついつい飲んでしまうので

一緒に飲む人は大抵ベロベロになる

ある日、9時間飲んだ翌日に、

三田アナとディズニーシーに遊びに行くほどお酒が強くタフ

 

●ものすごい飽きっぽい性格

山崎夕貴アナによると

キレイになるために自分磨きに余念がないカトパン

実はものすごい飽きっぽい性格

10万円近いトレーニングマシンを買っても

すぐに使わなくなったり、スポーツジムに入会しても2ヵ月で退会する

恋愛は飽きっぽくない、付き合うと大体何年は続く

 

●好きなタイプは家族と仲が良い家庭的な人、あとは筋肉

細身よりはガッチリの方が好き (4)

スポンサード リンク

小学校3年生で吉祥寺でスカウトされて芸能界入り

その2年後に、雑誌「ニコ☆プチ」でモデルデビュー

 

スカウト直後、芸能界に入ることを反対していた

バラエティが好きで

しゃべくり007のホリケンに憧れていた永野は、

いつかひな壇に座りたいと芸能界入りを懇願

 

・モノマネが得意

スティッチ、広瀬すず、篠原涼子など

 

・還暦ライブに行くほど長渕剛が好き

何で好きかって聞かれると何が好きか分からない

ギターを始めた時に、

色々動画を検索していたら長渕剛が出てきて、

聞いたらめっちゃカッコいいと思ったという

まだ吹けないが、ハーモニカを購入している (27)

地元を歩いていた時にスカウトされたのがデビューのきっかけ

元々芸能界には、興味があったので、

地元でローカルCMなどに出演するなど芸能活動をしていた

当初、上京を諦めた事を悔やみ続け、24歳でようやく決心、

雑誌で表紙を飾りたいと上京した

 

 

本名も本郷杏奈

 

身長:165㎝、生年月日:1991年10月17日、北海道出身、血液型O型

 

家族構成:180cmの父、170cmの母、170cmの姉、190cmの弟

 

趣味は、ランニング、旅行、ドライブ、映画鑑賞、音楽鑑賞

 

特技は、バイトしていた 銀だこで身につけたた こ焼き早焼き

 

たまに「~っけ」の方言が出る

 

事務所が違えば、清純派女優としてデビューしていたかもしれないほどの透明感 (31)

●デビューのきっかけ

小学4年生のとき、ダンスの習い事の帰り、

父と一緒に原宿を歩いていたら声をかけられた

 

●釣りが好き

NHK大河ドラマ「真田丸」で共演した哀川翔に誘われ、

隣の船が見えないくらいの大時化の中、ひらめを釣り上げた

 

●通販が好き

子供の頃から通販番組をよく観ていた

趣味の釣り道具を購入することも

配達予定の日は、朝からソワソワ

商品が届くとテンションはマックス

高揚を持続するために箱から空けずに一晩寝かせる

届いてすぐに箱を空けない余裕を楽しんでいるという

 

●カメラをコレクション

祖父の影響でカメラに興味を持ち、

中学1年生で初めて一眼レフカメラを購入

 

●激辛が好き

蒙古タンメン中本が行きつけ (9)

●実は子役デビュー

1990年、当時9歳で映画「ほしをつぐもの」で映画初出演

子役をやっていた母から何気なく誘われたのがきっかけ

様々な習い事をやったが、児童劇団だけが長く続いた

 

●俳優:長谷川博己や後輩の瀬戸康史と仲が良い

高橋の自宅に招待して、振る舞うことが多い

 

●地震予知

地震が起きる前、高橋は耳が痛くなる

ある日、長谷川が高橋の自宅を訪れた時

「靴 履いといた方がいいんじゃない、土足で大丈夫だから。地震が来るかも」

と土足で部屋に入れたが、結局 地震は起きなかった

 

●モノに名前を付ける

愛着がわくので名前を付ける

部屋の植物は、しげるさん、車は、たけし

テーブルは、渋沢さん、洗濯機は、せんだ君

犬には、肉山さん

 

●高橋一生は、5人兄弟

一生は長男、父が違う二男、三男

さらに父が違う19歳の四男、17歳の五男

すでに父は他界、母は2015年に他界した

二男はグラフィックデザイナー

三男は、ロックバンドnever young beachのボーカルギターの安部勇磨

五男は寿司屋で職人の修行中

 

●スケボーはセミプロ級

 

●10代後半のアルバイト先で知り合った俳優の青戸昭憲とは親友

 

●吠えている犬が高橋を見ると吠え止む

 

●家ではパンツも穿かない裸族 (84)

スポンサード リンク