Category Archives: あの芸能人の生態

ドラマ「女王の教室」のいじめっ子役で注目され、

その後も いじめっ子役が舞い込むようになった

 

伊藤は、常にタバスコを持ち歩いている

「人の道をそれてるのは、分かっている」という

鯖焼き定食の鯖焼きにも冷ややっこにも漬物にもタバスコをかける

ご飯がヒタヒタになるほどタバスコをかける

本人は、辛めのチキンライスだと思えるらしい

「タバスコの酸味……あと口の中が痛いのがイイ。刺激してるんです、自分自身を」という

タバスコをかけるのは、恥ずかしいと自覚している

 

七味が大好きな姉によると、小学生くらいからかけていた

タバスコに出会ったのは、家族で行ったサイゼリア

 

●いじめっ子といじめられっ子

いじめっ子役が多かった伊藤は、性格が悪いと勘違いされ続け、

私生活では逆にイジメにあうように (319)

スポンサード リンク

ニートなシンガーソングライター:タテジマヨーコ

5人組のバンド:ハラフロムヘルのボーカルだったが、活動休止後、ソロで活動

妹は、世界的ダンサーの菅原小春

妹の菅原小春いわく「(姉は)社会不適合者」と断言している

 

●酒好き

妹の菅原小春いわく「お酒を飲むとどうしようもない」

どこでも寝てしまう

階段から転げ落ちた先で寝ていたことも

 

●妹の私物を勝手に使う

・妹の菅原小春いわく「開けたら閉めない」

気に入っているマニキュアは、自分の部屋の片隅に置いて、

どうにかされても良いものは、リビングに置いておく

ある日、一番気に入っていた高級マニキュアで携帯を赤くしていた

高級マニキュアの蓋は、開けたまま置いてあり、固まっていた

・玄関に置いてあったショー用の新品の靴で縄跳びをしていてドロドロに

 

●美容室や洋服屋に行かない

・中学生以来、美容室に行っていない

風呂場で鏡を見ながら自ら切っている

・洋服屋にも行ったことがない

フリマアプリで購入して、首元を切って着ている

●金銭感覚がない

・お金がないのにタクシーで東京から千葉県山武市まで3万6000円かけて帰った

東京で飲み、都内に住む仲間が帰ってしまうので

「帰んないで」と土下座したが、終電を逃し、一人取り残された

ヤケになってタクシーで帰り、バイトで貯めたお金で払ったという (13)

1年のうち360日が外食

 

この人の師匠は、どんな人なんやろか?どこで修業されてんのか?

この人とこの人は兄弟弟子、作り方が似ている。

ここは師匠と断絶している、でも弟子の方が育っている、源流枯れてるわ

 

当然、食材をどこから仕入れているのかな?

魚のしめ方は?どんな仲卸の人が入っているか?

など人物背景の流れも含めて外食が好きだという (10)

●非優等生

仲の良い友人いわく、マジメそうに見えるけど一言喋るとバカだよね

 

家族によると、地方などで顔出しパネルがあったら100%顔を出す

 

友人によると、ゴキブリが出たときに消臭スプレーをかけていた

 

友人によると、最寄りの駅まで自転車で行き、

歩いて帰ってきた。次の日、その自転車を取りに別の自転車で行った

 

●目を開いたまま寝てしまう (9)

●陸上 長距離選手

小学校2年生から高校3年生までの10年間 陸上部で長距離に打ち込んでいた

登校すると学校の周り1キロを10周してから授業を受けていた

 

●程よくモテていた

ファーストキスは15歳で自宅近くの坂の上、相手は野球部

 

●20歳で食欲増進 見た目が大きく変化

大学は教育学部に進学

周りは先生になりたい熱のある学生が多く、

何気なく入ったブルゾンは、

自分は何をやりたいんだろうと自分を見失って激太りした

 

●22歳でワタナベエンターテイメントカレッジに入学し、24歳で芸人デビュー

 

●アースティン・マホーン

ネタ見せが明日と切羽詰まっていた時に、YouTubeで漁って

たまたまオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」にたどり着いた

オフィスでオースティンが躍りながら歌うPV

音楽と設定をオフィスに決めた

 

●ストレス発散法が独特すぎる

大親友の先輩芸人:加藤誉子によると、ちえみは、月が好き

しらふで満月を見て泣いている

 

●売れて すぐ抱かれるためにネパールコミュニティに行った (22)

スポンサード リンク