Category Archives: 結婚/離婚の真相

1990年、中條かな子の名前でアイドルとしてデビュー

数多くのバラエティー番組でも活躍

1996年、人気絶頂の最中に広島東洋カープの緒方孝市と結婚

 

●2人の出会いは、1996年

元広島の金石昭人 主催の食事会で、

その後もグループ交際を続けた

出会ってから5か月後、初めて2人で会うことに

そこで「かな子さん、友達じゃなくて真面目に付き合おう」と緒方から告白

交際がスタート、わずか2か月後には、プロポーズ

その年のオフに結婚、出会ってから1年のスピード婚となった

結婚を機に、中條は芸能活動を休業

夫を支えるため、広島に移住した

その後、3人の子宝に恵まれ、育児に奮闘

育児が落ち着いたら地元 広島を中心に芸能活動を行っている

 

●神ってる

神ってるは、緒方家の子供たちの間で使われていた言葉

インタビューで使って流行語となった

子供たちからはパクリ、パクリといじられている (54)

スポンサード リンク

宮本亜門演出の舞台やミュージカルで活躍するオペラ歌手:翠千賀

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業

イタリア ミラノ音楽院プロフェッショナルコースで学ぶ

●夫は、イケメンイタリア人のアンジェロさん

出会ったのは、イタリアでの留学

翠が東京芸術大学を卒業し、イタリアに渡ったころ、

アンジェロさんは高校1年生

家族ぐるみでお付き合いする程度だった

日本に帰国後、しばらくしてFacebookでアンジェロを探した

すると成長して格好良くなったアンジェロを発見

「私のこと覚えていますか?」と聞いてみた

「覚えているよ」と返ってきた

その2か月後には、アンジェロが日本に来た

アンジェロいわく、翠は日本人の理想の女性だったという

2人は恋に落ちたが、アンジェロはイタリアに帰っていった

そしてメッセンジャーで

「離れているのが辛すぎるから結婚しよう」とプロポーズ (43)

●2人の出会いは、2013年

介護福祉の仕事をしていた菜月さん

友人が我が家 坪倉と知り合いで、

川島も含めて食事したのがきっかけ

普通に交際が始まり、そして6か月後に妊娠が発覚

 

●がん

菜月さんは、川島のお腹周りを気にして健康診断を勧めた

川島は、健康診断終わり、温泉に行った先で

プロポーズをしようとしていた、

しかし病院から一本の電話がかかってきた

「ごめん…ちょっと がんが見つかっちゃって。このタイミングで悪いんだけど結婚しよう」

「私も出産するから一緒に頑張ろう」

10㎝に渡る開腹手術は、無事成功

菜月さんは大きなお腹で毎日 病院に通った

2015年2月3日に結婚

 

●トイレで出産

陣痛で苦しんでいるときに破水、

慌てて駆け込んだのがトイレだった

立ちながら苦しんでいたら、

ポンと赤ちゃんが産まれ、自分でキャッチ

すぐに救急車を呼び、その場で処置し、病院へ

 

●菜月さんの姉とその夫

姉は、河中あいという芸名で活動していたモデル

その夫は、俳優の袴田吉彦 (1483)

2008年4月に1歳年下の一般人女性と結婚

明らかになったのは、2009年4月1日

ロバートの山本、さらに幼馴染である馬場にも秘密にしていた

2013年11月30日、第1子となる女児が生まれる

 

●2人の出会い

彼女は、洋服屋の店員

新宿ルミネ座吉本の帰り道、ブラブラと寄り道、

ふと立ち寄った洋服屋で出会い、色々喋って意気投合

 

●熟女好きは癖

妻は1歳年下だが、熟女好きは、癖に近い

エロい、興奮するのは、完全に熟女

熟女好きは、妻には仕事のキャラとして説明しており、

熟女好きが真実であることを、ひたすら隠している (13)

●出会いのきっかけ

出会いは、2015年2月に行われた劇団EXILE松組の

旗揚げ公演「刀舞鬼―KABUKI―」で共演

仕事では、女性を意識しないという早乙女は、男性の共演者とも全く話さない

稽古場は稽古をしに行っているので、それ以外のことは必要ではない

そんな早乙女を見て「人が嫌いな人なんだな」

「怖い人だな」という印象を持ったという

 

●交際するきっかけ

ある日、共演者と食事しに行ったとき、島袋と早乙女は隣通しに

蕎麦が美味しいと評判の店だったが、

そばを食べた島袋が、何のリアクションも無く、箸を置いた

それを見た早乙女が、そばを食べてみると、

島袋と目が合わせて「これ あんま美味しくないよね」と共感

その後も他の共演者と芝居の話をしている時も

思っていることが一緒だった

早乙女が別の共演者と連絡先の交換をしていた時に

島袋から「私も交換して」と言ってきた

それから2人で食事する仲に

 

●婚約の決め手

早乙女いわく「一緒に同じ空間を過ごせること。人が人と暮らすって結構難しいこと、僕も独りの時間がないとダメなタイプ。でも全くそれが気にならなくて自然に一緒いるみたい」

 

●服への異常なこだわり

外の空気の匂いが移ってしまうため

気に入っている服を、他の服と重ねるのが嫌

 

●沖縄料理が大好き

島袋の母親の姉が、出汁からソーキそばを作ってくれる

その味を島袋は「私が覚える」と宣言 (37)

スポンサード リンク