Category Archives: あの芸能人は今…

90年代一世を風靡した米米CLUB

中でもイケメンダンサー:コータローとして人気だったのが、竹下宏太郎

振付師としても一流だった竹下は、

米米CLUBだけでなくドリカムの振り付けや話題のCMで活躍した

さらに役者としても映画「新・静かなるドン」の主演に抜擢

しかしいつしかテレビの露出も減り、姿を消した

 

●米米CLUBのコータローは今…奄美大島に移住し、市の臨時職員として働いている

 

今 竹下は鹿児島県奄美大島の町はずれで

築40年、ボロボロの市営住宅の3DKに家賃9200円で暮らしている

 

一緒に暮らす妻との出会いは、バブル時代 西麻布のクラブ

2003年、3か月の交際を経て結婚

 

仕事は、奄美市の臨時職員として海岸の漂流物を撤去

稼ぎは月11万円

 

畑で野菜を育て、鶏を飼い毎日卵を取り、

草むらで野生のクレソンや長命草を集め、食材の足しにして

激安生活を送っている (44)

スポンサード リンク

水戸黄門、大岡越前、必殺シリーズなど往年の時代劇から

ビューティフルライフなどのドラマに数多く出演した俳優:河原崎健三

キイハンターに出演していた女優:大川栄子と結婚

 

●往年の名俳優:河原埼健三は今…女優:大川栄子と結婚、山奥に集団移住

 

2人は、17年前に、気心の知れた仲間たちと

集団で山梨県甲州市塩山にある山の中腹に移住

 

ゴミ出しは、山のふもとまで20分

ゴミの匂いを嗅ぎつけた熊に出くわさないように熊除けの鈴を持ち歩く (38)

1990年代の若貴ブーム

そんな中で若貴兄弟から勝ち星を重ねた琴別府

若貴キラーと呼ばれ人気を集めた

しかし度重なる病や怪我に泣かされ1997年に引退

32歳で表舞台から姿を消した

●若貴キラー琴別府は今…ラーメン店を開業し、月商200万円

 

引退後、脳梗塞2回、くも膜下出血1回、3度も命の危機に晒された

 

そんな琴別府が開業したのが、ラーメン店

・ラーメンいっちゃん琴別府店

 

「いっちゃんラーメン」650円

焦がしニンニクが入った濃厚な豚骨スープ

麺は中細麺

特製の醤油ダレで煮込んだチャーシュー

琴別府は地方巡業の際、ラーメンを食べ歩き、

替え玉を7玉するほどのラーメン好き

引退後、熊本のラーメン店で修行

1998年、千葉県で熊本ラーメン店をオープン

その後、故郷別府に移転

 

ラーメン店には、夜だけ営業する居酒屋が併設されている

名物は佐渡ヶ嶽部屋の直伝ちゃんこ鍋

料亭でしか扱わない特急品のかつお節を使用

手作りの鶏つくね

この居酒屋は1日1組限定 (16)

当時中学1年生、ワイドショーで人気者となったお言葉少女

実家は広島県にある住吉神社

幼い頃から神社の手伝いをしていたところ、

子供らしからぬ丁寧な子供を使うように

その言葉遣いのせいで周りの友人から「紀子様」と呼ばれていた

 

●丁寧すぎる言葉遣いで人気を得たお言葉少女:森脇良佳は今…実家の住吉神社の女性神主に転身

 

300年の歴史を持つ住吉神社

一人娘の森脇は、2005年に神主資格を取得

正式な跡取りとして父親を補佐

参拝者の祈祷や縁起物の授与や発注、巫女を指導している

 

2014年、不動産会社を経営する男性とお見合い結婚

結婚の決め手は旦那様の言葉使いが丁寧だったから (36)

1992年、バルセロナ五輪で日本代表エースとして

銅メダルを獲得した小桧山雅仁

その年、松井秀喜と共にドラフトの目玉に

ドラフト1位で横浜ベイスターズに入団

8年間で わずか9勝、結果を出せず

2001年、戦力外通告を受け、引退した

 

●横浜ベイスターズ 小桧山雅仁は今…TBSラジオの営業マンに転身

 

選手時代から親交のあった元TBSアナ松下賢次の紹介で入社試験を受け、

見事採用されてTBSラジオに入社した

4人の部下への指示、CM枠を購入するスポンサーとの食事会、

番組で流すCM制作現場にスポンサーをアテンド

 

2014年に結婚した妻の京子さんは、TBSラジオのキャスター

道路交通情報の15年間 務めている (20)

スポンサード リンク