Category Archives: 漫画家

圧倒的な力を持つ巨人と、それに抗う人間たちの戦いを描いたマンガ

 

作者:諌山創が作り出す世界観を支えているのが、

担当編集者:川窪慎太郎

 

●「進撃の巨人」が作られるまでの裏側

別冊少年マガジンに連載(月45P)

 

・毎月1日~10日、マンガの設計図:ネームを作成

諌山のマンガ作りは講談社にあるネーム室から始まる

物語のストーリーを構築し、簡単な絵とセリフ、そしてコマ割を描いていく

頭の中にある45p分のストーリーをアウトプットし、

描いては消してを繰り返してディティールを深めていく

その作業は深夜まで続く、気付けば朝という日もあるという

ネームが出来上がるとすぐに担当の川窪がチェックを行う

編集者として客観的な意見を

諌山にぶつけるのが川窪流のネームチェック

川窪は読者第1号として分からないところがあれば諌山に質問していく

こうして物語の大きな流れ、登場人物の些細なやり取りまで

全て確認していく作業が延々と続く

 

・毎月11日~30日で作画作業

講談社でネームを完成させた後、

諌山は自宅のアトリエに籠り、作画作業に入る

ネームで描いた物をもう一度原稿に起こし、ペンを入れて清書をしていく

ネームでは描かなかった細かい描写も描くため、

1ページに10時間以上かかることもある

これを諌山は毎月45ページ描き上げる

お気に入りのももクロのライブ映像を流しながら作業を行うのが諌山のルーティン

ペンを入れ終えると、背景などアシスタントに任せる

キャラクターの微妙な表情や巨人は諌山が担当する

目の下の筋肉は意識的に動かせなく、物凄く本音が出る

セリフ通りの表情は細かく描き上げていく

深夜作業でお腹が空くとインスタントラーメンを食べるのが諌山の決まり

 

・原稿チェック

ペン入れが終わると川窪の最終チェックが入る

そしてセリフの修正、行組や表現の変更を行い、原稿が完成 (14)

スポンサード リンク

原泰久は、ガンダムUCのBGM「MOBILE SUIT」を聴きながら漫画を描く

ガンダム好きは、兄たちの影響

 

大学を卒業後、電機メーカーにプログラマーとして就職

サラリーマン生活は楽しかったが、

これといった見通しもないまま27歳で会社を辞めた

そのころに交際していた女性と結婚

 

キングダムに登場するキャラクターには、

サラリーマン時代の仲間が登場する

荻野さんが、オギコ

怪力の有田さんが、田有

中村鉄司さんが、中鉄

宮井元康さんが、宮元 (260)

18歳で上京した吉沢は、アシスタントして漫画界に入った

20歳で「ド根性ガエル」の読み切りを描く

読み切りとしては異例の人気で、連載デビューが決まった

22歳のときにアニメ化

初回放送は視聴率20%台だったが、夕方の再放送で34.5%を叩き出した

年収5000万円、6000万円が4、5年続いた

ド根性ガエルの舞台となった石神井公園に一戸建てを購入

23歳のときに結婚、子宝にも恵まれ、順風満帆だった

 

1976年、26歳のとき、ド根性ガエルの連載が終了した

すぐに次の漫画の連載を始めるが、

ピョン吉以上のアイデアが出ないため人気が出ない

最終的には、マンガが描けなくなった

 

1982年、仕事も家族も捨てて失踪

家から仕事場に行こうとしたが、どうしても仕事場に行けない

雀荘に逃げてしまい、締め切りを10本以上も落とした

その後、ギャンブルで稼いだお金で3か月間 その日暮らし

終いに持ち金が無くなり、自宅に電話

家に戻っても荒みきった吉沢は、ギャンブル漬け

 

長男と長女の大学のために、

稼がなくてはいけないのにマンガが描けない

ガードマンの仕事で家族を養うように

 

●ひとつ屋根の下

そんなころ、一本の電話がかかってきた

フジテレビの新番組で江口洋介が

ピョン吉Tシャツを着たいと要望され了承した

それがドラマ「ひとつ屋根の下」

江口洋介が衣装としてピョン吉Tシャツが使用された

この人気で、子供の学費が稼げたという

さらに胃腸薬ソルマックのCMにもキャラクターが起用 (417)

ママがおばけになっちゃった! [ のぶみ ]

ママがおばけになっちゃった! [ のぶみ ] 価格:1,296円(税込、送料込)

1978年4月、東京都品川区に生まれる

育ったのは、西大井協会、両親ともに牧師

ホームレスやフィリピン カンボジアの子供たちに

寄付してしまうため家は常に貧乏だった

「ファミコン欲しい」と言うと、

箱を渡されて「作りなさい」と言われる

熱中したのは、絵を描くこと

 

●いじめと自殺未遂

小学3年生になると「のぶみ」という名前が原因でいじめに

同級生からのいじめは、限界まで追い詰めた

小学4年生のとき、1階の礼拝堂で人々が祈りをささげる中、

家族と暮らしていた2階で、カッターで自らの首を切った

血が溢れ出て、Tシャツが血で染まった

死ねなかったのぶみは、ロープで首をくくったが、死ねなかった

何とか中学校に進んだが、不登校…

高校にも進学したが、グレた

 

●暴走族

境遇が似た仲間と非行、中池袋公園で仲間を集めると、その数160人

のぶみが総長となり、暴走族を結成した

しかし18歳を目前にして160人いたメンバーは、それぞれの道を歩み始める

そこで のぶみも保育の専門学校に入学

動機は、女の子と出会えそう

のぶみは暴走族から足を洗った

 

●絵本作家の夢を与えてくれた彼女

のぶみは、真面目そうな女性に一目惚れ

「私ね、絵本が好きなの」「絵本ね。俺 描いてるよ」

「本当?見たいな」

のぶみは絵本を描いていると嘘をついて気を引いた

嘘を本当にしようと画材を買って、翌日までに絵本を描いた

「本当に描いてるんだね。すごい面白いよ」

それが嬉しくて、それから毎日毎日 絵本を描き続けた

「付き合ってくれ」夕貴を出して告白すると

「絵本で賞をとったら付き合ってもいいよ」

獲るために公募ガイドを購入し、応募すると賞を獲った

受賞した日に女の子と付き合うことに

のぶみに絵本作家になる夢ができた

絶対にプロになると、数カ月で100冊以上の絵本を描きあげ、

「あ」から順に片っ端から出版社に持ち込んだが、デビューの兆しは見えなかった

そこで のぶみは品川区立大井図書館の6000冊の絵本を全て読み、

そこにはない絵本を描こうと決めた

ある日、出版社に「ウチでは出版できません…ですが、アニメのオーディションに出してみませんか?」

NHKアニメのオーディションに参加したところ、

のぶみが描いたキャラクターがNHK「おかあさんといっしょ」に採用された

さらに講談社から「ぼくとなべお」が出版、2万部を売り上げた

以来 取材が1日8本、多くのキャラクターデザインも手掛けるように

 

●どん底

絵本作家だけで生活できるのは日本に20人程度

毎年 3000冊出版される絵本のうち増刷されるのは、50冊程度

その後も増刷され続けるベストセラーになるのは、1冊あるかないか…

一躍人気になった のぶみだったが、徐々に人気に陰りが…

のぶみに仕事が無くなった

苦悩の日々は、7年間

60冊以上 出版しても売れない

再浮上するきっかけを掴めない のぶみは、会いたいと手紙を書き、

名だたる作家たちに会い、宝物のような言葉を貰った

さくらももこ からは“見ている人は普通の人だから 普通に面白いことを描かないと広まらないんだ”

やなせたかし からは“君は僕よりも才能があるからアンパンマンみたいな愛されるキャラクターが描けるよ”

ミッフィーの作者:ディック・ブルーナからは“君は世界一の絵本作家だよ。自分なりの世界一があるからお互い頑張ろうね”

 

しんかんくんうちにくる [ のぶみ ]

しんかんくんうちにくる [ のぶみ ] 価格:1,404円(税込、送料込)

●自分のためではなく大切な人のために 子供たちのために絵本を描く

ある日 のぶみは、息子の前で「ダメだ!」と言ってしまった

「パパ何がダメなの?」「パパの絵本 描いても描いても売れないんだ」

すると「誰か困ったの?」

よく考えると、誰も困っていない、のぶみが困っているだけ

「誰も困ってないよ」「じゃこれであそぼ」新幹線のおもちゃを渡された

「新幹線もお家に遊びに来ればいいのになぁ」

新幹線がお家に来たら面白い!どうせ売れないんだったら

息子のために描いてやろうと思ったのが「しんかんくん うちにくる」

発売から9年経った現在、シリーズ累計20万部を突破

その後、娘が生まれ、彼女が言った一言「あたし、パパとけっこんする!」も絵本に

あたし、パパとけっこんする! [ のぶみ ]

あたし、パパとけっこんする! [ のぶみ ] 価格:1,337円(税込、送料込)

 

のぶみは、デビューしてから19年経った今、160冊 絵本を出版している

一番最初に「絵本が好き」と言ってくれた女の子と結婚した (3087)

GTOの作者:藤沢とおると女優:藤沢あやののセレブな生活

 

●出会いのきっかけは、通っていた整体

整体の先生に「夕飯一緒に行かない」と誘われ、

行ってみると中に藤沢とおるがいた

 

●結婚

交際して両親に紹介したが、父から猛烈に反対された

高校教師をしていた父は、生徒に「GTOって知ってる?」と聞くと

「先生!GTOはすごい漫画ですよ」と娘に紹介された漫画家の評判を知る

すぐに父から連絡がきて、交際が認められた

 

●豪邸

都内の一等地に140坪、地下1階、地上3階、屋上まであるという

門から玄関まで18m

ホテルのロビーをイメージした玄関

約30万円のオーダーメイドの鏡、約500万円のホームエレベーター

23.5畳のリビングには、120インチのプロジェクターが完備

業務用換気扇を設置した6畳の和室、ジンギスカン部屋

ビリヤード台、カウンターバー、シアタールームが完備された地下室

バーベキューができる屋上

そして妻のためにフルオーダーしたキッチン

かざすだけで水が出るタッチレス水栓

 

自宅から車で10分の場所にある高層マンションの一室を所有

パーティー専用のリビングは15畳

 

そんな豪邸に住む藤沢だが、ハイブランドや高級品には一切興味がない

100円ショップの食器や1500円の洋服で満足する庶民派 (591)

スポンサード リンク