芸能界を干されたHIROとE-girls

金スマで紹介

●芸能界を干されたHIROとE-girls

1990年にデビューした伝説のダンスユニット:ZOO

当時20歳だったHIROは、最年少ダンサーとして参加していた

デビュー2年目、1992年に武道館ライブを達成、絶頂を迎えた

1995年、ZOO解散

その後、HIROはすぐに新たなグループを結成し、再出発

しかしZOOという大きな看板が無くなってしまった後では、

中々仕事も貰えず、結局 そのグループもすぐに解散

芸能界的に言えば死んだも同じ、落ち目の人間に世間は冷たい

初めて知った社会の現実…

そしてHIROは、もう一度 武道館に立つ、と決意をする

1999年、30歳の時に、その決意を胸に夢へと向けて歩みだした

再び頂点に立つために目指した形は、

最高のダンサーとボーカルのユニット

 

メンバーを探すゼロからのスタートだった

HUROが目をつけたのは、当時のダンスシーンでカリスマ的存在だった

USA、MATSU、MAKIDAIの天才ダンサー、さらにボーカルを加えて、

EXILEの前身となるJ Soul Brothersを結成

事務所から貰える月給は、たったの6万円

牛丼屋で一つの牛皿をみんな分け合った事もあった

 

その頃、HIROは、avex社長:松浦勝人を訪ねた

松浦との出会いは、HIROの高校時代にまでさかのぼる

HIROが当時毎日のように通っていた貸しレコード店

その店長こそが松浦だった

大学生のアルバイトながら最新の輸入盤レコードに

独自の解説を加える事を考案して話題となり店の売り上げを

年間1億2年万円まで引き上げた凄腕の店長だった

高校が同じという縁もあり音楽好きの先輩後輩といった関係になった

それから十数年、彼はavexを創業し、音楽業界で絶大な力を持つまでに成長していた

 

「松浦さん もう一度ダンスで勝負がしたいんです」

プライドを捨て何度も頭を下げた

HIROはカラオケバーでの「ちょっと踊ってよ」というリクエストにも喜んで応えた

そして…「やるだけやってみろ」

松浦はavexとの契約を了承してくれた

こうしてHIROたちはavexから3枚のCDを発売

 

だが、当時は収入もほとんどなかった時代

HIROは松浦に頼み、avexのスクールでダンス講師のアルバイト

デビュー前の倖田來未や島谷ひとみにダンスを教えていた

夜は、知名度を上げる為に毎日 ステージ立った

ライブハウスだけでなく渋谷ハチ公前でのストリートライブ

「俺は本気で武道館をステージに立ちたいと思っている」

とHIROはいつもメンバーに語っていた

 

その後、2001年にボーカルATSUSHIが加入

EXILEとしてついにメジャーデビュー

デビューシングルは初登場4位

2002年10月、メンバーがそれぞれ50万円を出資し、有限会社エグザイルエンターテイメントを設立

社長のHIROを筆頭にメンバー是認が所属タレントであり社員

月給は15万円、東京青山に小さな事務所を借りた

ちょうどこの頃、HIROがアルバイトしていたavexのダンススタジオに現れたのが、松浦氏が手掛けるdreamの新メンバー

その中にいたのが、後のE-girlsのリーダー:Aya、Ami、Shizuka、Erie

松浦いわく「正直言うと本当に良いのがいないなという中で選んだ最後の4人」

入った当初から期待されていなかった4人

 

地方出身の彼女たちに与えられた住まいは、

avexで売出し中の年下の女優の部屋

女優が使うベッドの脇にあるわずか1畳しかないスペースに3人で寝ていた

居候生活2か月後、ようやく事務所が用意してくれた部屋は、

風呂もトイレも共同 築40年のぼろアパート

3人はこのアパートに4年間も暮らした

彼女たちは中学高校の青春時代の全てをdreamに捧げた

 

2003年、HITOは知人の会社と合併

社名を株式会社LDHに変更、本格的な事務所経営に乗り出す

 

新会社設立の2か月後には、

10枚目のシングル、ZOOのカバー「ChooChoo TRAIN」を皮きりに

1ヵ月で4枚のシングルをリリース

さらに暮れに発売したアルバムでミリオンを達成

そして2004年6月16日、EXILE初の武道館公演

その年の紅白歌合戦にも出場

 

本業が忙しくなったHIROは、ダンス講師を卒業

dreamにとってHIROは、遠い存在となってしまった

そして2003年9月11日、「うたばん」に出演

生まれて初めてゴールデンタイムのテレビ出演だった

オリコンで初のトップ10入りを果たした

 

ソロ活動を希望した主要メンバーの一人が脱退

それから間もなく、芸能人女子フットサル大会に参加

少しでも知名度を上げようと会社が決めた決断だった

そして毎日4時間ダンスレッスン後に猛練習

圧倒的 強さに優勝した

気が付けばダンスよりもフットサル中心の生活へ

彼女たちを歌手として売り出すには、どうしたらいいのか?

松浦は「dreamは解散する」という決断を下す

「正式に解雇するのは4か月後、それまでに新しい仕事を探すよう、それから今住んでいるアパートも出てもらう」

 

メンバーでお金を出し合い、機材を揃え、

スカウトしてくれる人を待って路上でライブ

解雇通告を受けてから間もなくShozukaの誕生会でのこと

HIROがATSUSHIとTAKHIROを連れて登場した

そしてこの時、マネージャーからHIROは初めて解散の話を聞いた

「実力もまだ全然見せていない もっと飛躍できるようなきっかけはあるんじゃないか」

とHIROはマネージャーに話した

マネージャーは松浦にメールを送る

“解雇の前にもう一度チャンスを下さい。彼女たちの未来をここで終わらせたくないです”

松浦はすぐにHIROに電話で連絡

「うちにdreamっているだろ?あの子たち可能性あると思うか?」

「はい、あると思います」

「HIROのところで面倒を見てやってくれないか?」

HIROは快諾した

その理由は、可能性よりもdreamへの情があったから

デビューから7年目、

2008年7月、解散を免れ、HIROが経営するLDHに引き取られた

 

「昔の僕が経験したZOOが、知らぬ間に終わっていたので、そこで共感して一緒にリベンジしようという感情が芽生えた」という

 

●E-girlsの原点

 

●お風呂に入らないE-girls Ami (7785)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク