Tag Archives: プロ野球選手

1982年にドラフト1位で近鉄バッファローズに入団した加藤哲郎

 

1989年の日本シリーズ、巨人に3連勝

第3戦の勝利投手が、加藤哲郎

その勝利インタビューで巨人について聞かれた際

「シーズンの方がしんどかった。相手も強いし。ファーボールさえ出さなければ打たれそうな気がしなかった。まあたいしたことなかったですね」と発言

 

翌日、スポーツ紙は、この発言を「巨人はロッテより弱い」と報道

加藤の発言に触発された巨人は、4連勝し、日本一へ

その後、加藤は右肩を故障し、成績が低迷

広島カープ、福岡ダイエーホークスに移籍し、人知れず現役を引退した

 

●巨人はロッテより弱い発言の加藤哲郎は今…高齢者向けの麻雀教室の先生に転身

引退後、野球解説者を口が過ぎて首になり、役者に転向するも失敗

2002年、ラウンジを経営するも失敗

2006年、お好み焼き店、および焼き肉店をオープンさせるが失敗

2008年、鰹節会社の営業、焼き肉店の店長に転職

2011年、麻雀教室の先生に転職した (6)

スポンサード リンク

1997年、キャッチャーとして中日ドラゴンズに入団した清水清人

しかし谷重の陰で出場機会が得られず、26歳で戦力外通告

 

清水は、現在 5年目に結婚した2つ年上の妻:幸枝さんと

島根県大田市五十猛町に住んでいる

2人の息子にも恵まれた

妻は家計を支えるため、地元のケーキ屋でパートをしている

 

●元中日ドラゴンズ:清水清人は今…漁師に転身

氷点下近くになる真冬の海、凍える寒さに耐え、夕方から朝まで作業を行う

寄港するとまら船を出して、週に3日、サザエやあわびを獲っている (152)

1990年、中條かな子の名前でアイドルとしてデビュー

数多くのバラエティー番組でも活躍

1996年、人気絶頂の最中に広島東洋カープの緒方孝市と結婚

 

●2人の出会いは、1996年

元広島の金石昭人 主催の食事会で、

その後もグループ交際を続けた

出会ってから5か月後、初めて2人で会うことに

そこで「かな子さん、友達じゃなくて真面目に付き合おう」と緒方から告白

交際がスタート、わずか2か月後には、プロポーズ

その年のオフに結婚、出会ってから1年のスピード婚となった

結婚を機に、中條は芸能活動を休業

夫を支えるため、広島に移住した

その後、3人の子宝に恵まれ、育児に奮闘

育児が落ち着いたら地元 広島を中心に芸能活動を行っている

 

●神ってる

神ってるは、緒方家の子供たちの間で使われていた言葉

インタビューで使って流行語となった

子供たちからはパクリ、パクリといじられている (143)

●元中日ドラゴンズの投手:山田善久夫は今…クビ宣告の末、わらび餅屋を開業

 

愛知県 東邦高校のエースで甲子園に3度出場、優勝も果たした

その後、中日ドラゴンズで中継ぎのエースとして活躍

23歳の時には、年俸3000万円

 

28歳で現役引退後、裏方のバッティングピッチャーに

そのころスチールカメラマンをしていた尚美さんと

球場で出会い、2001年に結婚

3人の息子を授かり、つつましく第2の人生を送っていた

裏方になって12年目、41歳のとき、何の前触れもなく突如クビを宣告

41歳にして無職となった

家族を養うため慣れないスーツを着て車のETCカードを売る営業を始めたが、

契約を取ることができず、たった3ヶ月で戦力外

山田は手に職をつけようと知り合いのわらび餅屋に弟子入り

1年間の修行中、山田の給料はゼロ

その間、子育ての合間を縫って妻が家政婦のパートで生活費を稼いだ

 

山田は今…妻とともに わらび餅屋を開業した

・喜来もち ろまん亭:愛知県名古屋市東区矢田南2-7-5

開業資金を抑えるため、喫茶店の居抜きを利用した (76)

アウト×デラックスで紹介

●声出しだけで年収3600万円を稼いだ元プロ野球選手:小田幸平

 

1997年、巨人軍にドラフト4位で入団

落合監督に引っ張られ中日ドラゴンズに移籍

 

常に控えキャッチャーでほとんど試合には出ていないにもかかわらず

プロ野球の平均選手寿命が9年と言われる中、小田は17年間 現役で活躍

 

ムードメーカーとして選手や監督、ファンに愛され続け、

結果、2007年には年俸3600万円を契約

 

2004年、清原に「俺より髪が長いな」と言われ、スキンヘッドに

 

さらに清原の凄まじい指でカンチョーされ流血、4回 病院に行った

 

スタメン出場の直前、スリーパーホールドをかけられ落とされた

 

現役実働年数:17年(うち補欠17年)

通算打率:1割9分7厘 通算本塁打:2本 (361)

スポンサード リンク