Tag Archives: 女子アナ

東京大学 大学院卒業、元NHKアナウンサー、医科大学の特任講師

 

●大阪出身の小正の好きな関西弁は「もうあかん」

「もうあかん」はイイ言葉

95%は、本当にもうあかんだけど、5%の余力がある気がする

そんな甘えを感じるところがカワイイ

 

●魔法使いになりたかった

「ヒミツの魔女っ子入門」を愛読

その本によると「魔女になりたい」を人に知られるとなれないと

書かれていたので、「今夜くらべてみました」の収録で魔女になることを諦めた

 

●宝くじで1億円当たったら

キャンプして飯盒炊飯して、みんなでカレーを食べる。あと釣りをする

ブランド品は持っていない

1個だけ持っているイヤリングは、特別な時だけつける

 

●この世で一番怖いモノは、いろいろ聞かれること (10)

スポンサード リンク

日テレ女子アナ:尾崎里沙の闇

2012年、福岡親善大使に就任

 

・暗い家で暗い曲を聴き涙する

 

・マンガが友達

月に5~6万円をつぎ込み、暇さえあれば読みふける

 

・実はアイドルの追っかけ

今は、ももいろクローバーZの有安杏果のファン

手作りでハッピやペンライトを作成

 

・三度の飯より漢字が好き

ずっと何でストレスを発散していいのか分からなかったが、

ある日、出会った漢字ドリルにハマった

難しい漢字になればなるほど燃え上がる

「螺旋階段」を書いている時が溜まらない

 

・嫌いなタイプは、嘘が得意な人 (101)

1985年、埼玉県生まれ

国立音楽大学卒業後、2008年にフジテレビ入社

●加藤綾子が女子アナを目指したきっかけ

当時、付き合っていた彼に、

音楽の先生になろうかなと相談したところ

「(加藤には)魅力がない」と言われ、

カッコいいイメージのアナウンサー試験を受けてみた

 

●あだ名は「あやコング」

小学校3年生の頃、誰にも負けないお喋り、

すぐに手が出るほど凶暴な事もあった

「キリギリスっていうのはこうやって言うの!」と

滑舌の悪い友人にキレイな滑舌で言いはじめた

その友人の滑舌も良くなってくると

「私が滑舌を直してあげた」と恩を着せる

幼稚園年少から始めた得意のピアノ、

小学校6年生の頃には中学生の課題曲を弾くほどの腕

 

●優香に似ていると思い込んでいた

中学生時代、父親から「優香みたいだね」と言われ、

それ以来「優香」に似ていると思い込み、

今度は自分から「優香似」とアピール

高校生時代、テンションが上がった時に使うのが、

中指と薬指を開いて目の横に持って行き「ヨロメガ」

 

当時、昼ドラの「牡丹と薔薇」が流行っていた

誰かがボケたり普通の会話でも

小沢真珠のマネで「このブタ!」を連発していた

他人に髪の毛を指でグルグルに巻かれ、

頭皮を引っ張られるのが気持ちよく、

引っ張る力が弱いと「もっと強く引っ張って」と懇願していた

小さい頃から寝る時に自分で髪の毛を引っ張るのが好きだった

 

●肉が苦手なカトパンだが…

三宅アナに連れて行ってもらったお店で…

「そのお肉美味しそうですね。私高いお肉だったら大丈夫なんです」

元々アレルギーで「お肉を食べちゃダメ」と言われて食事療法を続けてきた

しかし、高くて美味しいお肉なら多少痒くなっても構わない…思ってしまう

 

●入社前からの評判 スーパー綾子伝説

アナウンサー志望の学生が何処で受かったなどの情報が上がってくる

その中でスゴイのがいる、と噂となっていたのが加藤綾子だった

スーパー綾子はキー局3局から内定を獲得していた

 

●「めざにゅ~」で女子アナを辞めたいと思った

斉藤舞子アナによると

さわやかな笑顔で「めざましテレビ」の顔とも言えるカトパン

新人の頃「めざにゅ~」の担当で

「夜中に起きる生活がツライ」と涙目で相談された

入社したばかりなのに1時起きの生活は辛く「すぐに辞めたい」と思うほど…

 

●加藤綾子アナと一緒に飲みに行くと…

山崎夕貴アナによると

カトパンは周りの人にお酒を勧めるのが得意

彼女に勧められるとついつい飲んでしまうので

一緒に飲む人は大抵ベロベロになる

ある日、9時間飲んだ翌日に、

三田アナとディズニーシーに遊びに行くほどお酒が強くタフ

 

●ものすごい飽きっぽい性格

山崎夕貴アナによると

キレイになるために自分磨きに余念がないカトパン

実はものすごい飽きっぽい性格

10万円近いトレーニングマシンを買っても

すぐに使わなくなったり、スポーツジムに入会しても2ヵ月で退会する

恋愛は飽きっぽくない、付き合うと大体何年は続く

 

●好きなタイプは家族と仲が良い家庭的な人、あとは筋肉

細身よりはガッチリの方が好き (10)

物理学博士だった祖父の書斎に、

ドイツ語や英語の学術本が並んでいるのに

憧れたのがきっかけで、東大を目指す

父は東京大学卒業、母はお茶の水女子大学 卒業の元CA、

祖母は大阪大学 卒業の元CA

弟は、慶應義塾大学

 

幼い頃は、バレエを習っていた典型的なお嬢様

中高は、約1/3が東大に進学する女子高 桜蔭学園出身

中学受験の時のインタビューで、

将来 何になりたい?の問いに「お医者さん」

大学はどこに行きたい?「東大」と答えていた

高校生の時に気象予報士の資格を取得

 

そして東京大学理科一類に現役合格

最高偏差値は、78

卒業論文は、防波堤の研究

内水面の振動と外の振動周期から卓越周期を調べ、

卓越周期に合わせて、ケーソン設計すれば良いという論文

ミス東大コンテスト2015で準ミスグランプリに輝いた

大学2年生の時にNEWS ZEROのお天気キャスターに抜擢

 

そんな磯貝は、中京テレビに入社し、

女子アナとして怒られる日々が続いている

勉強以外は一切やってこなかったツケが回ってきた

・20歳まで化粧をしたことがなかった

・いまだに母親が選んだ服を着ている

月に一度 東京から名古屋に来て1か月分のコーディネイトを撮影

毎日 娘の行動に合わせて洋服をLINEで指示している

母親によると「要領が悪くて、自分で決められない」

 

ストレス解消は、週3の1人カラオケ

ダンスサークルに所属していた磯貝のダンスはキレキレ (47)

元日テレ女子アナ:森麻季

 

機械音痴なのはもちろん、

SNSにアップした写真がダサ過ぎると話題に

鍋が主役の写真をアップしたり、

どこにもピントが合っていない写真をアップしたり

 

●地図アプリが使えない

他人に自分の位置を知られたくないと位置情報をオフにしているため

目的地に行くまでの地図を見ながら、

紙の地図を見るようにスマホを回しながら歩く (14)

スポンサード リンク