Tag Archives: 江口洋介

18歳で上京した吉沢は、アシスタントして漫画界に入った

20歳で「ド根性ガエル」の読み切りを描く

読み切りとしては異例の人気で、連載デビューが決まった

22歳のときにアニメ化

初回放送は視聴率20%台だったが、夕方の再放送で34.5%を叩き出した

年収5000万円、6000万円が4、5年続いた

ド根性ガエルの舞台となった石神井公園に一戸建てを購入

23歳のときに結婚、子宝にも恵まれ、順風満帆だった

 

1976年、26歳のとき、ド根性ガエルの連載が終了した

すぐに次の漫画の連載を始めるが、

ピョン吉以上のアイデアが出ないため人気が出ない

最終的には、マンガが描けなくなった

 

1982年、仕事も家族も捨てて失踪

家から仕事場に行こうとしたが、どうしても仕事場に行けない

雀荘に逃げてしまい、締め切りを10本以上も落とした

その後、ギャンブルで稼いだお金で3か月間 その日暮らし

終いに持ち金が無くなり、自宅に電話

家に戻っても荒みきった吉沢は、ギャンブル漬け

 

長男と長女の大学のために、

稼がなくてはいけないのにマンガが描けない

ガードマンの仕事で家族を養うように

 

●ひとつ屋根の下

そんなころ、一本の電話がかかってきた

フジテレビの新番組で江口洋介が

ピョン吉Tシャツを着たいと要望され了承した

それがドラマ「ひとつ屋根の下」

江口洋介が衣装としてピョン吉Tシャツが使用された

この人気で、子供の学費が稼げたという

さらに胃腸薬ソルマックのCMにもキャラクターが起用 (422)

スポンサード リンク

●病の少年を救った俳優:江口洋介

医療ドラマ「救命病棟24時」で外科医を熱演

患者に対し真摯に対応する姿が話題になった

ドラマは、実際の病院で撮影を行っていた

 

そこへある親子が江口を訪ねてきた

「すみません。ちょっとお話良いですか?」

現場は撮影の真っただ中、スタッフは止めようとしたが、

江口は「どうしました?」

「来週 この子 手術するんです。勇気づけてくださりませんか?」

突然のことで周囲のスタッフが驚く中、

「君なら大丈夫だ。がんばれ!」

「うん!ぼく頑張る」「ありがとうございます」

絶対に良くなってほしいという願いを込めて励ました

 

1週間後、「江口さん、お手紙来てますよ」

差出人は、あの親子からだった

“おかげさまで手術は無事成功しまして息子も元気になりました。本当にありがとうございました”

 

この対応は、ドラマの現場で伝説となっているという (156)

スポンサード リンク