Tag Archives: 滝沢カレン

●トイレは汚い場所だと思えない

スカイリストによると

衣装から私服に着替えるためにトイレに

出てくると手にビショビショのズボンを持っていた

「どうしたの?」と言ったら、

便器の中に私服のズボンを落として、それを手で持ってきたという

 

尿をした後に落としたら汚いという感覚はあるが、

流した後であれば、汚いという感覚はない

基本的に汚いという概念はない

 

●思い出を保管する感覚がない

マネージャーによると

バラエティ番組で学生時代の話になって、

スタッフさんから当時の写真を貸してほしいと言われるのですが、

本人がほとんど写真を持っていなくて、

同級生などから譲ってもらって何とか凌いでいる状況です

 

卒業アルバムも一切持っていない

初めて出たJJの雑誌もすぐに捨てた

祖母から始めて貰ったブランドのバッグも今 友人の手にある

 

●食べ方が汚い

親友のサチコによると

いつも食事に行くと食べ方の癖がヒドイです

たくさん種類を頼んでバイキングみたいにしてから

色々混ぜて得体のしれない食べ物にして食べます

見苦しいです

しかも食べこぼしも半端ないので恥ずかしいので直してください

 

ヘアメイクによると

ペットボトルで飲み物を飲むと毎回 口の周りがびしょびしょになっています

どう飲んだらそんなことになるのか理解不能です

本人によると、ペットボトルの水に溺れてしまうらしい

 

●クイズの天才

マネージャーによると

テレビを見ながら誰も解けない脳トレ問題を良く解いている (28)

スポンサード リンク

●肉は1年に1回

年配の家族が多く、夕飯は5時から

メインは、大体 魚

家族の誕生日は、主役の好きなものが食べられる

祖父は、マグロ、祖母も消化に良いモノ

母とカレンの誕生日だけ、ステーキが食べられる

 

●風呂の後は、生卵サイダー

祖母が考案した夏だけ飲む生卵サイダー

生卵をコップに割り、かき混ぜ、

常温のサイダーを入れて、一気飲みする

カレンいわく、美味しいらしい

 

●トイレのドアは閉めない

祖父、祖母、母、カレンの家族全員がトイレのドアを閉めない

その理由が、

家族全員が宅配を好み、宅配業者が、

毎日 家に来るのでピンポンが聞こえるようにドアを閉めない

犬の出入りがあるのでドアを閉めない

排泄の匂いが溜まるのが嫌だからドアを閉めない

 

●母は、ウクライナ人しか愛せない

日本にロシア人を呼び、バレエスタジオを経営している

  (30)

表参道にあるバレエスタジオを経営する宮沢さゆり

自宅は渋谷区で娘と暮らしている

カレンを妊娠中にウクライナ人の父親が

不倫して不倫相手の元に そのまま離婚

その後、母親が一人でカレンを育ててきた

 

・バレエスタジオ リビーナ:港区北青山3-5-25

ロシア人が指導してくれる本格的なバレエスタジオ

 

●滝沢カレンの母親:宮沢さゆり

幼い頃にバレエに魅せられた宮沢さゆりは、

高校を卒業後、親に内緒で働いて留学費用を貯め、

語学留学を名目にソ連に渡った

毎晩のようにボリショイ劇場のバレエ公演に通った

帰国後は、偶然にもロシア人バレエ講師の通訳になったり、

ロシア人バレエ講師に密着して、

ロシアバレエレッスンという本を制作

 

表参道で宮沢の父が経営していた建築事務所が倒産し、

テナントが空いたため、バレエスタジオを開いた (767)

日本語を話せないモデル:滝沢カレン

16歳の時にミスセブンティーンに輝き、モデルデビュー

その後 雑誌JJの専属となり、人気モデルの仲間入りを果たす

 

父はウクライナ人、母は日本人のハーフ

生まれも育ちも日本なのに、日本語がおかしい

 

●日本語がカタコトになったワケ

母:さゆりは、娘の育て方を後悔しているという

母がロシア語の通訳をしていたため、

小さい頃、周りは日本語がカタコトのロシア人ばかり

 

●幼い頃、凶暴なアライグマを飼っていた (401)

スポンサード リンク