とにかく明るい安村の貧乏時代を支えた妻

●とにかく明るい安村の貧乏時代を支えた妻

同期は友近

ブレイクしてからも新宿のホテルで朝食を提供するバイトをしていた

娘を授かり、幸せな生活を送っている

 

●貧乏時代を支えた妻

妻は新しい口座を作って「穿いてますよ」貯金している

2人が知り合ったのは合コン

交際したのはどん底の貧乏時代

白ワインの試飲して走って生ハムの試食したり、

デパートの試食だけでご飯を済ましたことも

 

●プロポーズ

妻によると、結婚のプロポーズをされたとき、

家の外の階段を上る音が聞こえ、

帰ってきたと思ったら「よし言うぞ」と言う声も聞こえた

何かと思ったらプロポーズされた

「長く付き合ってるから別れる気もないし、子供も欲しいから結婚しよう」

と安村は言いながら感極まり、泣き始めた

妻も「何泣いてんの」と言いながら泣いていたという

 

●実は高校球児

北海道の旭川実業高校の補欠として甲子園に出場、3回戦まで進んだ

ベンチ入りした安村は伝令役として活躍

(425)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク