プリティ・ウーマンを手掛けた映画プロデューサーはスパイだった

●プリティ・ウーマンを手掛けた映画プロデューサーはスパイだった

映画プロデューサー:アーノン・ミルチャン

代表作は「プリティ・ウーマン」

 

2013年11月「自分はイスラエルのスパイだった」

とイスラエルのテレビで自ら告白した

 

イスラエル生まれだった彼は、

友人であるイスラエルのペレス大統領に頼まれた

 

当時、イスラエルは密かに核開発をしたいが、ウランがない…

そこでウランを持っている南アフリカに目を付けた

 

映画の仕事で南アフリカに入国し、

撮影の合間に南アフリカ政府と密かに交渉し

ウランをイスラエルに輸出する取引をまとめたという (824)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク