幼稚園で九九を覚えていたレインメーカー:オカダ・カズチカ

母によると、手のかからない子で記憶力も良かった

九九も幼稚園で全て覚えていたほど

 

そんな手のかからない子が、

中学3年生のとき、進路について両親に伝えた

「高校には行かずプロレスラーになりたい!」

「プロレスって死んじゃうこともあるんだよね?」

「それでもプロレスラーになりたい!」

「辞めたくなったら いつでも帰ってらっしゃい」

 

15歳で神戸にあるウルティモ・ドラゴンが

経営するプロレスラー養成所 闘龍門に入門

その頃の闘龍門は練習生で飽和状態になっていたため、

コーチを務めていたミラノコレクションA.T.によると

何人か辞めさせるために過度に厳しい練習をメニューを課していた

15歳のオカダは、そのターゲットとなり、睡眠時間以外、

心身ともに休まることのない暮らしを強いられた

中卒のオカダは、他に行くところがないと考え、耐え抜いた (11)

スポンサード リンク
スポンサード リンク