動物研究家:パンク町田の素性

アルティメットアニマルシティ(千葉県旭市)を運営

動物輸入業の社長と600万円で3300坪の広大な土地を購入

3000万円以上で動物のための施設を建設

動物園に行く前に動物を人に馴らす、動物の生態を研究する施設

 

本名、町田英文

1968年、東京都中野区に生まれる

 

3歳の頃に、母親にせがんで買ってもらったチューリップの球根

赤い球根なのに黄色い花が咲いたことに疑問を持ったのが、

生物に興味を持つようになったきっかけ

そして生きるものすべてに興味を持つようになった

高校卒業後、通っていたのは、トリマーの専門学校

 

その後、より多くの野生動物の生態を探ろうとニューギニアへ渡った

先住民族ダニ族、ワシ族、ダヤク族などと交流

彼らしか知らない野生動物の知識を得た

 

2004年にはイギリスの有名鷹匠の元を訪れ、

猛禽類の放鷹技術や繁殖技術を学ぶ

 

2006年にはスペインやアラブ首長国連邦を訪れて

海外の鷹匠技術を積極的に取り入れる

 

2014年8月から、国土交通省の依頼で

成田空港のバードストライク対策に鷹を使う実験に参加

 

●らー麺 ゴルジ

施設の近くに美味いラーメン店がないからと

施設内に自ら腕を振るうラーメン店:らー麺 ゴルジを開店

(1168)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク