リアルじゃりン子チエと呼ばれていた中条あやみの幼少時代

じゃりン子チエとは、大阪の下町を舞台に活発で

喧嘩早い小学5年生の女の子 竹本チエの日常を描いたコメディマンガ

 

リアルじゃりン子チエは、中条あやみが近所の人につけられた あだ名

幼少時、中条は、やんちゃで、自分を男の子だと思っていた

スカートはスースーするから穿きたくないと、

ズボンとスニーカーしか興味がない

山登りしたり、キャンプしたりして遊び、

雨が溜まった水たまりに頭を浸けて洗って、

そのまま近所の子を追い掛け回していた

 

小学生の頃に身長が160㎝になり、

ランドセルが両肩に入らず、片方の肩でかけていた

 

●女の子に目覚めたのは、小学校入ってから

小学校に入ってから姉のスカートを見て、穿きたいと思った

母と姉がいない時に、こっそり自分の部屋に持って行って、

こっそり穿いて、こっそり返した

本格的にスカートを穿くようになったのは、中学校のセーラー服から

 

●初恋

小学校低学年の時、ハーフの男子が転校してきて、

通訳をしているうちに、好きになっていった

すぐに転校していってしまい、初恋は告白せずに終わった

 

●男性の腕の血管が好き (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク