Hey!Say!JUMP:伊野尾 慧がジャニーズに入ったきっかけ

明治大学 建築学科出身のインテリアイドル、Hey!Say!JUMP:伊野尾 慧

 

●ジャニーズに入ったきっかけ

幼稚園くらいの時、テレビで美味しそうなものを食べていた人に興味を持ち、

「この人たち誰?」と母に聞くと母が「ジャニーズ」と答えた

母は当時 若い男性は全てジャニーズだと勘違いしていた

そして美味しいものを食べるために、

小学校2、3年生の時にジャニーズのオーディションに応募

それから2年音沙汰なかったが、小学校5年生くらいの時に

「オーディションをやります」とFAXで連絡が来た

 

●Hey!Say!JUMPにリーダーはいない

プライベートで遊ぶくらいの仲が良いメンバーはいない

・八乙女光は、小さいことでイラッとする

・Hey!Say!JUMPで一番真面目なのは、中島裕翔

・Hey!Say!JUMPで一番破天荒なのは、有岡大貴

2014年のクリスマス、仕事でホテルの部屋が一緒だった

音楽を流しながら生のお尻を見せつけてきて「俺のお尻キレイだろ?」

・Hey!Say!JUMPで一番しっかり者なのは、八乙女光

 

●サボテンと口説く

八乙女光によると、伊野尾がサボテンに向かって

「傷ついてもいいから抱きしめたい」と発言

目の前にあるものを口説くラジオの企画で、サボテンを口説くことに

 

●グラビア写真を大学に提出

有岡大貴によると、伊野尾が大学に通っていた時に、

提出するレポートのクリアファイルにグラビアアイドルの写真を忍ばせた

レポートは そのまま提出され後日、教授から注意されてしまった

 

●適当な発言

雑誌の取材などで「好きな女性の服装は?」と聞かれると

だいたい目の前のライターの服装をこたえる

「どんな女性が好きなの?」には「みんな好きですね」

 

●トマトにハマっている

自宅の冷蔵庫には様々なフルーツトマトを常備

 

●中学時代

中学1、2年生の同級生で いとうあさこのマネージャー:松本栞によると、伊野尾は、

「すでにジャニーズとして活動していたのでキラキラしていたがモテてなかった」

やんちゃなお調子者

気取ったりせず「俺ジャニーズだから」的な印象はなく、フレンドリーだった

父が卓球の全国大会に出場するレベルの選手だったため、

その影響で卓球部に所属

(2103)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク