千代の富士が相撲を始めたのは、ただただ飛行機に乗りたかったから

中居正広のミになる図書館で紹介

 

芸能界屈指の相撲通:やくみつるによると

●千代の富士が引退会見で言った「体力の限界」は、元ドリフターズ荒井注が先に言っていた

コントのリハーサルがきつかったらしく、

芸能界を辞めた1974年に「体力の限界」と言ったという

千代の富士は、この荒井注の「体力の限界」を

どこかで聞いていたのかもしれない

 

●千代の富士が相撲を始めたのは、ただただ飛行機に乗りたかったから

千代の富士を誘いに来たスカウトが、

中々首を縦に振らない千代の富士にを説得するため

飛行機 乗れるよと言うと、「行きます」と東京行きを快諾した

(209)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク