妻の貯金でパチンコしていた役者:大杉漣

41歳のときに北野武監督の目にとまり、

映画「ソナチネ」に出演し遅咲きのブレイクを果たした役者:大杉漣

 

40年以上前、妻の弘美さんと恋人同士だった大杉は、

4畳半の古いアパートで同棲生活を送っていた

大杉はバイト生活、弘美さんは劇団に所属する役者だった

大杉はバイトで稼いだお金をパチンコにつぎ込んでいたため

家賃4500円を滞納するほどお金がなかった

その後、大杉も劇団に所属

同棲生活8年目にして弘美さんが妊娠

すると「今日から大杉弘美になったから」

「えっ?どういうこと?」「籍 入れてきちゃった」

大杉が驚いていると

「結婚すると役所から出産のお祝い金が貰えるのよ!」

そして2人は結婚

「結婚したんだから これで新しいスーツでも買って」

と弘美さんから貰った5万円を大杉は、

パチンコにつぎ込み、5万円全てを使い切ってしまった

3年後には長女も誕生

弘美さんは子供を保育園に預け、仕事を掛け持ち

コツコツと貯金していたが、

大杉はその貯金をパチンコにつぎ込むこともあった

それでも妻:弘美さんから、

お金を稼いできてほしい とは、言われたことがなかった

 

長男の隼平は、プロのカメラマン

蜷川幸雄、中村勘三郎、クリスティアーノ・ロナウドなど

世界の著名人を撮影している

 

長男の隼平によると、おもちゃを指して「これいくらしたの?」と聞くと

父は、400発だよ、1000発だよとパツ計算で教えてくれた

元々舞台をやっていた母、後から始めた父

母は生活できないため、役者を辞めて働き始めた

「この人にはきらめくモノがある」と信じ続けた

 

大杉の才能を誰よりも信じていたのは、妻:弘美さんだった (1462)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク