革命が起こせる高地に移住した映画監督:安藤桃子

妹は安藤サクラ、父は奥田瑛二、母は安藤和津

高校時代から海外に留学

ニューヨークの大学で映画作りを学び

帰国後、監督助手として修業、

2010年、28歳で映画監督デビュー

2014年、監督した「O.5ミリ」は、映画祭で多くの賞を受賞

 

そんな安藤桃子は、今 娘と高知県に移住

何のゆかりもない土地だったが、

高知について3秒で「刀抜くならここだ!」と移住を決めた

自律神経が緩くなり、

光の妖精がいっぱい飛んでいるように見えたという

 

芸術で人に摩擦を起こして平和をもたらす

この革命を起こすには、高知県が最適だった

●ノリで映画館を建てられる

2017年に安藤がオープンした映画館キネマM

57席のミニシアター

外装や上映作品は、安藤プロデュース

ビルの所有者に勧められ、映画館をつくることになった

地元の方の協力と貯金を全て注ぎ、開始から2か月半で完成

高知は、やりたいことがすぐに実現するらしい

 

●ノリでレギュラー番組が持てる

映画館の宣伝を行える夕方の生放送でコーナーを持った

 

●海外のような振り切った県民性

二日酔いで会社に遅刻する際も、とことん二日酔いで遅刻する分にはOK (5)

スポンサード リンク
スポンサード リンク