「あなたのキスを数えましょう」 小柳ゆきの大失恋

小さい頃から音楽好きで、

1994年、12歳の時にレコード会社 主催の新人歌手オーディションに出場

1997年、高校1年生から音楽事務所に入り、レッスンを重ね

1999年、「あなたのキスを数えましょう」で歌手デビュー

45週連続チャートイン、ロングヒットとなった

アルバムは120万枚のミリオンセラー

当時、小柳はドン・キホーテでレジ打ちのバイトをしていた

2000年の日米野球では、日本の国歌斉唱、アメリカの国家斉唱を1人で行った

 

●「あなたのキスを数えましょう」のヒットの裏には大失恋があった

デビュー前、16歳の頃、小柳は恋愛や失恋をほとんど経験していないため

ラブソングをどう歌っていいか 分からなかった

当時、小柳は高校に通いながら夜は居酒屋でバイト

そのバイト先には、密かに好意を抱いていた金城武似のイケメン先輩がいた

ある日、先輩から電話が…

「俺 前から ゆきのことカワイイと思っていたんだよね。付き合ってくれる?」

高校生の小柳にとっては、初めての恋愛

毎日のようにデートを重ねた

しかし交際3か月が過ぎた頃、「あのさ、ちょっと距離おきたいんだよね」

理由も分からないまま、突然 別れを告げられ失恋した

この直後にレコーディングした曲が

「あなたのキスを数えましょう」

失恋を経験し、切ない女心を知り、深い思いを込めて曲が歌えるようになった (95)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク