酒に溺れた国民的美少女:工藤綾乃

2009年、13歳で国民的美少女コンテストでグランプリを獲得

そんな国民的美少女は、22歳となって酒に溺れているという

 

その理由は、

・国民的美少女の肩書きがストレス

国民的美少女コンテストで芸能界に入れたのはありがたいが、

9年前の話で、もう少女ではない

 

・自分の実力が肩書きに追い付かない

グランプリ獲った当初は、色んな仕事をさせて頂いたが、

今仕事がないのは、チャンスを掴めなかった実力不足

 

・国民的美少女の清楚なイメージと自分とのギャップに疲れた

疲れてお酒を飲むようになってから自分が出るようになった

お酒を飲むことで、やっと保っている

 

●工藤にとってお酒とは?

その日を何事もなかったかのように終わらせてくれる相手

とりあえず眠りにつきたいので、早く1人の時間が過ぎて欲しい

 

●休日の過ごし方

オフの日は、家でお酒を飲んだり、ハッピーアワーを探して飲み歩く

その飲みっぷりは、つまみは、

枝豆とナスの浅漬けだけで2時間でウーロンハイを13杯

 

一人カラオケでは、中森明菜の「少女A」、

山口百恵の「さよならの向こう側」を熱唱

長渕剛の「とんぼ」を涙を浮かべながら熱唱 (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク