プロ野球8球団の指名を蹴り、サラリーマンになった志村亮

志村の小学校時代の夢は、プロ野球選手

強豪 桐蔭学園高校から名門 慶応大学に進学

慶応大学のエースとして活躍した志村亮

5試合連続完封勝利、53イニング連続無失点…

今も破られていない不滅の大学記録をうちたてた

 

プロ8球団が注目する志村は、大学の最終戦も完投で勝利した

試合後、キャッチャーはいつものように

「志村さん、クールダウンのキャッチボールしましょう」

「やらなくていいよ。もう肩は使わないから」

 

そして志村は、ドラフト直前のインタビューで

「指名されてもお断りするしかできませんし、使命はしないで頂きたい」と答えた

 

契約金8000万円以上を蹴り、

志村が選んだのは、初任給16万6600円のサラリーマン

しかも入社したのは、野球部がない三井不動産

志村は完全に離れた

 

●当時 志村と対戦し、2000本安打を

達成した元広島カープ:野村謙二郎によると

「コントロールは抜群だった。彼からヒットを打った記憶はない。彼がプロ行かないって言った時に、うそでしょと思って、本当にびっくりしました」

 

●プロに行かなかった理由

当時、行きたいと手を挙げれば指名してもらっていた

小学校の夢である、プロ野球選手になりたいという夢は、

その時点で叶っていた

 

1回だけの人生なので違う道を探ってみたい、

野球だけでない違う道で頑張っていきたい

 

当時は空前の好景気、不動産の仕事に就き、

億単位のお金を動かすスケールの大きな仕事がしたいと思った

 

現在、マンションの用地買い取りを手掛けた志村は、

物流倉庫を取り扱う営業をしている (1761)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク