個性派俳優:木下ほうかの処世術

個性派俳優:木下ほうかの処世術

 

1981年、17歳の時に井筒和幸監督の「ガキ帝国」で役者デビュー

これまで出演した映画やドラマは250本以上

2014年、ドラマ「昼顔」で嫌味な夫役を演じ、大ブレイク

 

そんな木下の処世術が

●飲み会で人脈作り

役者はどれだけ監督やプロデューサーと出会えるかが最も重要

そのため業界人との飲み会は絶対に断らない

 

●飲み会にキレイな女性を連れていく

飲み会に連れていくのは、キレイな女性

男性だけの飲み会の時は、

男受けしそうな後輩の女優を連れていく

美人を連れていけなかったときは、

キャラがいい女性を連れていき飲み会を盛り上げる

 

●飲み会には名刺を持参

役者にしては珍しく名刺を持っている

携帯番号入りの名刺を配って営業活動

ブレイクのきっかけとなった「昼顔」も名刺のおかげで

事務所ではなく木下本人に直接オファーが来た

 

高校時代は、バイクを乗り回していたヤンキー

●結婚できないワケ

・結婚相手に求める条件

1、容姿端麗

2、ショートカットでボーイッシュ

3、炊事、洗濯、家事上手

4、資産家

5、天涯孤独の人

・サイゼリアに週4、5、6、7日も入り浸る

多い日は、1日2回来店する

台本を覚えるのに使っている

「カクテルサラダ、ドレッシング別皿」

・実はオネエ?

映画で共演したカラテカ矢部と仲が良い

イケメンが大好き「あいつカワイイ~な」

黒目がちの小池徹平が好み

(382)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク