実の父に捨てられた歌手:石川セリ

爆報!THEフライデーで紹介

18歳でモデルとしてデビューした歌手:石川セリ

1977年に発売した「♪ダンスはうまく踊れない」が大ヒット

夫は歌手の井上陽水

この曲は井上陽水が石川セリの木を引くために目の前で作曲した

そのご陽水との間に3人の子供が誕生

陽水の妻として福岡県でラジオ番組を持つ

●実の父に捨てられた…と思っていた

1952年、神奈川県相模原市に生まれる

長女で5人兄妹、日本人の両親に可愛がられて育った

しかしセリだけがホリが深く外国人風の顔立ち

母は日本人にしては目鼻立ちが整った美形だった

18歳の時、家政婦の一言ではっきりした

「セリちゃんも18歳か…1人だけお父さんが違うのに頑張ったね」

母に問うと「本当の父親はアメリカ人なの、あなたはハーフなの」

 

母親は米軍施設でタイピストとして働いていた

セリは米軍兵士:アーサー・ダイアスとの間に生まれた

しかしアーサーには アメリカに すでに婚約者がいた

そしてアーサーはセリと母親を残し、日本を去った

1958年、母は日本人男性と再婚

物心のついていないセリは父の事を隠して育てられた

セリは父への想いを封印して一人で生きる事を決意、家を出た

18歳でモデルビュー、19歳で歌手デビュー、25歳で井上陽水と結婚

そんなセリに2004年、51歳の時、想わぬ形で実父と出会う

セリは急性大動脈解離で緊急搬送された

意識が朦朧とする中、必死に励ます夫の声だけが聞こえていた

5年生存率70%の難しい手術

手術は成功したモノの合併症など緊迫した状態が続いた

さらに整体に麻痺が残り、声が出なくなった

生と死の境をさまよっていたセリが病室で眠っている時、

「頑張れセリ」目の前に突如 軍服を着た父:アーサーが現れた

この体験は3日 続いた

するとその体験を境にセリは徐々に回復

その日以来、父の事が頭から離れない…

7年後、58歳のセリは父の居場所を突き止めた

父:アーサーは既に亡くなっていた

セリはお墓参りだけでもとアメリカに飛んだ

父の自宅に訪ねると「石川です」と名乗った

すると「あなたセリでしょ?」

アーサーの子供たちは皆 セリの存在を知っていた

父:アーサーは子供たちにセリの話をしていた

「いつか会う日が来るから、その時は兄弟として暖かく迎えて欲しい」

アーサーは左腕にセリの名前を彫り、亡くなるまで心配していた

そして父が亡くなったのは、2004年9月

それはセリが生死の境をさまよい、父が夢に現れた日と同じ日

セリはアーサーの形見を譲り受け、お墓参りを終えた

(677)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク