平昌五輪 女子団体パシュート:菊池彩花は、美人5姉妹の次女

平昌五輪で金メダルを獲得した女子団体パシュート

中でも一番年長の菊池彩花は、5姉妹

長女の真里亜さんは、銀座で店長を務める美容師

三女の悠希さんは、ショートトラックで2017年 全日本選手権 総合優勝

四女の萌水さんも、ショートトラックで2016年 全日本選手権 総合優勝

五女の純礼さんは、世界距離別選手権1000mで7位、日本の次期エース

長女以外は平昌五輪に出場している

 

ご飯中は正座が当たり前

アスリート5姉妹をスパルタ教育で育てた父は、南相木村の前村長

5姉妹は、学生の頃 5人全員がスケート選手

当時、父は村役場に勤めていた普通の公務員

 

菊池彩花がスケートを始めたのは、2歳

祖父が学校の先生でスケートを教えていた

遊ぶ場所は、長野の氷の上

小学生のなると氷遊びは、競技へ

菊池が五輪を目指すきっかけになったのは、10歳の時に開催した長野五輪

助と選手のメダルラッシュを見て、自分も五輪に出ると誓った

往復約80キロを4時間かけて自転車通学を始めた (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク