異常なまでにタオルを愛する女優:蓮佛美沙子

●異常なまでにタオルを愛する女優:蓮佛美沙子

竹内結子のファンで、ドラマ「ランチの女王」を見て女優を志す

2005年、第1回ミス・フェニックスのグランプリを獲得

16歳で「転校生」で映画初主演し、

巨匠:大林宣彦監督いわく「20年に1人の逸材」と言わしめた

 

そんな蓮佛は、常にタオルを持ち歩き、

無くてはならないほど、タオルを愛している

・タオルを相棒と呼ぶ

生まれたときから毎日 一緒に寝てきたタオルが、

触る四つ角が無くるほどボロボロになってしまった

 

●見た夢を記録している

変わった夢を見ることが多く、普段から携帯電話に記録している

よく見る夢が、友人に斧で殺されかける

高校時代の友人が学校で斧を振り、背中をザクッ

「よっしゃ殺した」と友人が逃げていったのを確認してから

自ら背中に刺さった斧を抜くという夢

 

●憧れの芸人は、ダチョウ倶楽部

蓮佛いわく「カワイイ」らしい

テレビつけてダチョウ倶楽部が出演していると観てしまう

みんながネタとオチを分かっているのに面白い

(440)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク