23歳で戦力外通告を受けた元巨人:角盈男の次男

バース・デイで紹介

かつて巨人のリリーフエースとして活躍した角盈男の次男:晃太は、

熾烈な競争を勝ち抜きプロ野球選手となった

そんな晃太は、2014年 千葉ロッテから戦力外通告を受けた

 

●23歳で戦力外通告を受けた元巨人:角盈男の次男

 

息子にとって父は、幼い頃からの憧れの存在だった

父のようにプロ野球選手として活躍する事が夢だった

父の下で幼い頃から野球を始めた晃太は、親譲りの野球センスは備わっていた

すでに引退していた父は、晃太の夢を後押しした

中学でクラブチームに入ると父もコーチとして加わり、

息子はバッターとしての才能を開花させた

高校は野球の名門 東海大学付属相模高校に進学

甲子園出場はならなかったが、

168㎝の小柄な体で現 巨人の太田を押しのけ4番バッターを務めた

 

2008年、千葉ロッテに育成ドラフト3位で入団

育成選手は背番号3ケタ、出場できるのは2軍の試合のみ

そんな厳しい環境で晃太は出場機会を増やし、

3年目 セカンドで2軍のレギュラーとなった

2012年には支配下登録選手に昇格

背番号も2ケタとなり、1軍に上がれる権利を手にした

しかしウリだったはずのバッティングに苦しみ、思うような成績を残せなかった

 

そして2014年10月5日、千葉ロッテから戦力外通告を受けた

晃太は残されたチャンスであるトライアウトに全てをかけたが、

結果を出せず球団からの声はかからなかった

 

2015年1月、野球を諦めきれない晃太に思わぬオファーが舞い込んだ

独立リーグで新設される武蔵ヒートベアーズへの入団が決まった

もう一度プロ野球へ復帰するため、諦めない道を選んだ

(1571)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク