つまらない女だから…と呟く遠藤久美子の生態

今夜くらべてみました で紹介

●つまらない女だから…と呟く遠藤久美子の生態

90年代、エンクミの愛称で親しまれ

元気なキャラクターで活躍した遠藤久美子

現在は舞台を中心に役者として活動している

 

「私 すごいつまらないんです…」

当時のイメージを覆す発言を繰り返す

「自分で自分のことを楽しいと思ったことがない」

 

・休日は散歩…

公園をはしごし散歩を楽しむ

公園のベンチに座って、フェルト手芸

 

・CDプレイヤーで落語を聞く

立川志の輔の落語のCDを聞いてほくそ笑んでいる

・愛読書は会話のHow to本

とりあえず つまらない女と思われないための努力

 

・いつも…ひとり…

1人が落ち着くという遠藤は、映画や買い物はもちろん

大好きな音楽フェスも いつもひとり

年越しをひとり、音楽フェスで過ごす事も

 

・おしゃべりが好きじゃない

友人と喋っていても…これ楽しいかな?と疑問を感じる

友人の話に突っ込むようなタイミングも、試されてるのかな?

 

・男性に求めるモノ

そこに居てくれればいい、求められたくないから

 

・高校時代のイジメ

高校の夏、芸能活動していた遠藤久美子は、クラスメイト数十名に

トイレに呼び出され、個室に閉じ込められて上からホースで水をかけられた

他にも平均台の上で正座を強いられたという

この経験は、エンクミの人格形成に影響を及ぼしたのかもしれない

 

・高校時代に付き合った先輩

一躍有名となったマクドナルドのCMの頃

同じ学校の1つ上の先輩に渡り廊下で告白し、交際が始まった

仕事を始めて行く中、「別れた方がいいんじゃない」と

事務所の社員の説得で別れる事に

 

・晴れた日こそ家の中にいる

そんなエンクミは いまだ独身…

(553)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク