あの芸能人の過去」カテゴリーアーカイブ

NHK「おかあさんといっしょ」でパント!のおねえさんとして

2012年から2019年3月まで7年間つとめたりさおねえさんこと、上原りさ

 

笑顔がトレードマークのりさおねえさんだが、

アニメ好きで27年間 彼氏無し

 

初めて男性としっかり手をつないだのは、よしおにいさんだった

 

趣味は料理、お菓子作り、歌、観劇、アニメ観賞

兵庫県出身。身長は162cm、血液型はO型

三人姉妹の長女で、1歳下の妹と、3歳下の妹がいる

 

幼い頃から宝塚歌劇のファンで、

高校生の頃に宝塚音楽学校を受験するが不合格

その後、洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカルコースに入学

 

在学中にNHK「おかあさんといっしょ」でパント!のおねえさんに就任した

(22)

スポンサード リンク

すしざんまい木村清は、家が貧乏すぎて、

5歳からウサギや鳩や鶏を飼育して千葉大学に販売していた

 

その後、鶏の卵の販売、耕作、新聞配達、ゴルフのキャディー、

イチゴ捕り販売、一升瓶の回収と金を稼いだ

 

中学卒業後は、パイロットに憧れ、航空自衛隊に入隊

しかし訓練中の不慮の事故で目を負傷、自衛隊を退官

 

パイロットの夢を絶たれた木村は、百科事典のセールス、水産加工会社で働いた

そこで学んだ交渉力や営業力を生かし、1979年、27歳で木村商店を設立

 

冷凍食品の営業、温かい弁当の製造販売、持ちかえり弁当店、すしネタの開発・卸・養殖、居酒屋、海産物や農産物の輸入・販売、コンテナカラオケ店、移動式バスカラオケ、屋台村、スナック村、コンビニ店、レンタルビデオ、マグロの卸・販売、ガリの製造販売、ラーメン店、パチスロ店、不動産の仲介・販売など80個以上のビジネスを展開

 

しかしバブル崩壊により150億円の借金を抱え、全ての事業を手放す

 

冷凍食品会社で魚を扱っていた経験から、わずかに残ったお金で寿司店を開業

2001年、当時考えられなかった24時間営業の寿司店「すしざんまい」をオープンさせた

 

●コンテナを使ってカラオケボックスを作った

水産加工会社で働いた経験からコンテナを1つ3万で何個も購入

30~50万で内装を施し、モーテルを作った

オープンすると警察が来て「風営法、持っているか?」と問い詰められ、

ベッドをソファーにすり替え、モーテルではなくスナック村としてオープンさせた

木村社長いわく、カラオケボックスの先駆けだったという

 

●炙りトロを発案したのは、木村社長

(34)

日本画家:伊東深水を父に持つ女優:朝丘雪路は、箱入り娘として育った

 

11PMで大橋巨泉にボインちゃんとあだ名をつけられた朝丘は、ブレイクした

胸の大きい芸能人の先駆けだった

 

2018年に亡くなった朝丘の告別式に

参列した朝丘の元マネージャーが別れの挨拶をした

 

胸が大きい、かつマルチに活躍されるタレント像を朝丘さんから垣間見た、このことが私に多少なりとも影響を与えたことは間違えございません

 

その元マネージャーこそが、野田義治

後に胸の大きいタレントブームを起こしたタレント事務所の社長

 

野田が朝丘のマネージャーになっていなければ、

胸の大きいタレントは確立されていなかったかもしれない

(21)

●小学生時代 伝説級に女子からモテモテ

バレンタインチョコは、最高64個

食べきれなかったので、フライパンでチョコを溶かして、一つのチョコにして冷凍庫で保管

 

●両足捻挫で車いす

小中の同級生:木崎さんによると

紫耀は負けず嫌いで学校で階段を何段か飛ばして下りる階段飛ばしゲームで競っていたところ、最終的に踊り場から踊り場に飛び降りたが、失敗し片足重度の捻挫

次の日、松葉杖で登校してきた紫耀は、昨日の失敗が悔しかったのか、怪我していない方の足でもう一度、踊り場から踊り場に飛び降りたが、失敗し、両足捻挫となった

 

●バスケットボール野球で血まみれ

後援で野球をしていたら、野球ボールよりバスケットボールの方が面白いとバットw手に打席へ、オエッチャーガ投げたバスケットボールの勢いに負け、バットが顔に跳ね返り、流血血まみれ「ねんでバットが跳ね返るんだ!」と怒って帰った

 

●配達トラックに飛び乗り

大親友の松本君によると、給食の後、牛乳瓶を返し忘れた紫耀は、その瓶を何とか返却しようと教室の真下に停まっていた牛乳配達トラックの屋根に2階から飛び乗った。すぐにトラックが発車。信号で停まるまで屋根にへばりつき、1時間後学校に戻ってきた

 

●ぼっちが耐えられない

大親友の松本君によると、紫耀は、1人で外食したことが人生で一度もない

ご飯だけなく買い物やカフェも無理。自動車教習所も1人で通えず、僕は全然関係ないのに名古屋から東京に行ってついていってました

 

●1日中トイレで過ごす

大親友の松本君によると、紫耀の家によく遊びに行くんですが、家の中の行動が意味分からない。紫耀は休みの日に1日中トイレの中にいることがある。トイレの中でご飯を食べたり、色んな物を持ち込んで出てこない

紫耀のトイレには、ストーブが2台、オーブントースターも完備

松本君いわく、紫耀が、トイレにいないので探すと、キッチンでガスコンロの火をずっと眺めている。

 

●遊んでいるだけでバック宙に成功

 

●うどんは一切噛まないで丸飲み

 

●苦手な食べ物は、しいたけで、大好物は ぬれおかき

(73)

1977年、大阪府豊中市に産まれた鈴木紗理奈

 

実家の稼業は、父が一代で築いた建設会社

規模は、社員50人

また趣味が高じて割烹料理店を経営

 

建設業をメインに手広く事業を展開

芦屋出身のお嬢様だった母は、警備会社と大島紬店を経営

ちなみに祖父は、東京大学卒の博士

 

実家は、8LDKの豪邸

中庭が見えるリビングには、ビリヤード台

定番の夕食は、父が経営する割烹料理店で、週一のふぐ

さらに父の趣味が高じて、ふぐのために調理師免許を取得

自宅でも ふぐが食べられるように

レストランといえば、ファミレスではなくホテル

寿司が回るのは、知らなかった

即席ラーメンは、お手伝いさんが作ってくれた

 

習い事は、日舞、ピアノ、エレクトーン

ドラマ「スワンの涙」に憧れてシンクロナイズドスイミング

 

英会話が得意になったのは、

実家に英語圏の外国人のホームスティが計12人

 

紗理奈は芸名

本名は、華奈子

(110)

スポンサード リンク