Category Archives: あの芸能人の過去

三浦友和、山口百恵の次男の三浦貴大は俳優として活躍

そして長男:三浦祐太朗は、歌手として活躍

そんな祐太朗は、アニメが大好きで、二次元の女性しか愛せない

アニメの女性しか愛せなくなったのは、恋愛のトラウマが原因だった

 

高校生の時、親友にはラブラブの彼女がいた

ところがある日、その彼女に呼び出され、まさかの告白

理解できない女性の行動が怖いと思った

 

大学3年生の時、付き合って半年になる恋人がいた

ところがある日、突然 別れを告げられ、

お揃いのストラップを突き返された

しかし3か月後、その彼女から突然呼び出され、

「実はあれ、あなたを試してたの。私たちやり直そう」

とヨリを戻そうと持ち掛けられた

 

全く理解できない行動に女性が本当に怖くなった

それ以来、祐太朗は、アニメの女性に没頭

お気に入りのキャラクターを嫁と呼び、溺愛している (35)

スポンサード リンク

武田鉄矢が芸能界で活躍するきっかけとなった海援隊の「♪贈る言葉」

今でも卒業ソングの定番となっている

 

武田鉄矢によると、フォークシンガーは事実がないと歌が作れない

この歌は、別れの歌、失恋でできたもので、全く贈る言葉ではない

武田鉄矢が女性にフラれてできた歌

 

さらに、

♪人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから、の歌詞は、

太宰治の言葉で、元は、

“人は憂いが多いほど人に優しくできる だから人間として一番 優れている”

この言葉を呼んだ武田は、いつか使おうと思っていた

 

さらに、

曲タイトルの「♪贈る言葉」は、

芥川賞を受賞した柴田翔 著作の「贈る言葉」から持ってきた (5)

2011年のデビュー以来、ドラマや映画で女優として活躍している田原可南子

 

彼女の父親は、田原俊彦

 

そんな父は、何でも記録する親バカ

娘のために撮りためたアルバムは、30冊

その1ページ目は、可南子の命名の新聞記事のスクラップ

2ページ目は、エコー写真

初めて抱っこした日、退院して初めて家に来た日、

そして初めてペアルックした日

とにかく記念になる日は、すべて記録

 

可南子が中学生の時にはイラスト付きの交換日記を家族で毎日行うことに (106)

1988年、中山美穂の妹として15歳でアイドルデビュー

デビューのきっかけは、中山美穂を空港に見送りに行ったときに偶然スカウトされた

その後、18歳で女優に転身

 

恋愛スキャンダルはゼロだが、結婚寸前までいった男性がいたという

中山が30歳の時、相手は20歳年上の会社経営者

結婚より仕事を選んで別れたという

 

●アイドル引退のきっかけは、清水アキラの一言

1991年9月、姉のおかげでブレイクし、バラエティ番組にも引っ張りだこ

姉と比較される毎日に嫌気がさした中山は、アイドルを辞めたいと思うように

それを察知した事務所も番組の台本を事前にチェックし、姉の話題は全てNGに

 

そんなギリギリの状態だった時に、

ものまね四天王が司会を務める番組にゲスト出演

オープニング早々、「お姉ちゃんいたよね?」

と清水アキラが姉の話題にふれてきた

さらに「お姉さんのモノマネをしてください」と追い打ちをかける

やるまで許されず、中山の完全に心が折れてしまった

帰りのエレベーターで「もうバラエティ出たくない」と泣きながら訴えたという (75)

じゃりン子チエとは、大阪の下町を舞台に活発で

喧嘩早い小学5年生の女の子 竹本チエの日常を描いたコメディマンガ

 

リアルじゃりン子チエは、中条あやみが近所の人につけられた あだ名

幼少時、中条は、やんちゃで、自分を男の子だと思っていた

スカートはスースーするから穿きたくないと、

ズボンとスニーカーしか興味がない

山登りしたり、キャンプしたりして遊び、

雨が溜まった水たまりに頭を浸けて洗って、

そのまま近所の子を追い掛け回していた

 

小学生の頃に身長が160㎝になり、

ランドセルが両肩に入らず、片方の肩でかけていた

 

●女の子に目覚めたのは、小学校入ってから

小学校に入ってから姉のスカートを見て、穿きたいと思った

母と姉がいない時に、こっそり自分の部屋に持って行って、

こっそり穿いて、こっそり返した

本格的にスカートを穿くようになったのは、中学校のセーラー服から

 

●初恋

小学校低学年の時、ハーフの男子が転校してきて、

通訳をしているうちに、好きになっていった

すぐに転校していってしまい、初恋は告白せずに終わった

 

●男性の腕の血管が好き (37)

スポンサード リンク