Tag Archives: 仮面ライダー

1980年「仮面ライダースーパー1」に

主演した特撮ヒーロー:高杉俊介

自衛隊の精鋭レンジャー部隊出身で

子供たちの憧れの存在となった

 

●子供の頃から高杉のファンだった落合(仮名)さん

高校時代に映画撮影所に通い、ファンレターを出していた

2003年1月10日、当時落合さんは29歳

電話が鳴り「はじめまして仮面ライダースーパー1でヒーローを演じていた高杉と申します」

電話の相手は憧れの高杉を名乗る男

ファンレターから実家を割り出し、

実家の家族が落合さんの番号を教えた

「実は変身道具一式を役者仲間に貸したところ、他の人の手に渡り取られてしまいました。そこで取り返すための費用、80万円を貸していただけないでしょうか?」

「80万円?」

詐欺だと思いつかず、貯金を崩し、80万円を用意

待ち合わせ場所に現れたのは紛れもなく本人だった

「80万円の件、考えていただけましたか?」

「でも初対面の方にお貸しするのは…」

「それに何がいけないんです?私は芸能界にいるから逃げることはできません。私は正義のヒーローを演じたから決して悪いことはできないんです」

懐から用意してきた借用書を取り出し、テーブルに

「ヒーローのピンチに貸してもらえませんか?」

「分かりました」

お金を借りたお礼にと自宅に招き、家族を紹介

さらに落合さんは、仕事がなく困っていた高杉のため

高杉公認のファンサイトを立ち上げた

そしてファン交流会を定期的に開き、高杉を応援

しかし金の無心は、続いた

20万円お借りできないでしょうか?

闇金の金利が高く40万円お借りできないでしょうか?

決まって“これはあなたにしか相談できない

”落合さんが特別な存在だ”と念押ししてきた

2003年から10年に渡り、計100回以上、総額2426万円

さらに高杉はファンサイトを利用し、

別のファンからも金を借りていた

 

●新潟県在住の女性:田中(仮名)さん

2004年7月、夫の別居中だった田中さん

家庭と仕事に疲れていた彼女のよりどころが、

高杉のファンたちと交流できるファンサイト

そこに田中さんが日頃の悩みを書き込んでいた

すると高杉本人からメールが

“応援してくれてありがとう。でも僕がこうやって個人的にメールしたのは皆さんには内緒ですよ”

その後、携帯メールで悩みを相談するように

いつも田中さんを気遣う心優しい言葉が送られてきた

そして田中さんをカラオケボックスに誘い、

特撮番組の主題歌を歌ったり、

ヒーローポーズを披露してくれるなど、

まるで恋人のように元気づけてくれた

 

ある日のこと高杉から一通のメールが、

“知人に渡した変身ベルトがヤクザの手に渡ってしまったんです。ヤクザからの請求は1000万円。必死に集めましたが、あと100万円足りません”

“私が何とかします”

79万円を借りて、高杉の口座に振り込んだ

その日以来、田中さんの給料日が

近づくと金を無心するメールが届くように

2013年までの9年間で総額2400万円

 

●落合さんと田中さん

2013年、私設ファンクラブを立ち上げた落合さんとやり取りをしていた田中さん

「彼、ヤクザにベルトを取られたみたい」

「えっ?私も9年前に同じこと言われて私がお金を払って取り返したんです」

「えっ?嘘でしょ?」互いにお金を貸していたことが判明

すぐに高杉に電話して金を返すように催促

帰ってきた金額は、わずか40万円

田中さんは警察に相談

居所が分かり、少額でも返金されると詐欺として成立しないと言われた

そして妻と離婚した高杉は2014年に姿を消した

 

●裁判

2016年4月8日、36万円返還を求めて平岡(仮名)さんが訴訟を起こした

被告として出廷要請が出されている高杉に、直談判するため

落合さんと田中さんも集結

しかし高杉は裁判に出廷しなかった

裁判手続きの中で高杉の新しい住所が判明

ファンは自宅に突撃し、借金を返すように訴えた

「お金を返し始めたら本当のことを言います。今言うと全部ウソに取られます。騙したように思われているのは致し方ないと思います。でも今自分自身でこれから返していこうと思っております。本当に今まで申し訳ございませんでした」

と頭を下げて返済を口にした (780)

スポンサード リンク

少しゲイっぽい俳優:小林豊

2013年、仮面ライダー鎧武で主人公のライバルライダーに抜擢

 

●特技は、スイーツ作り

高校卒業後に辻製菓専門学校にて製菓衛生師免許を取得

滋賀と東京でパティシエとして働いた

クックパットで週1回 自分で考えたレシピを紹介している

 

●仮面ライダー史上 最高の運動音痴

仮面ライダーの撮影で森を6歩 歩いただけで両足を捻挫

片手にトランシーバー、ボストンバックを持って森を歩くシーン

1歩目で右足を挫いたが、カットがかからなかったので演技を続け、

4歩目で左足を挫き、6歩目でOKとなった (264)

肉食女子を好む肉食俳優:桐山漣

●エリンギが大好きな肉食系

「何でもガツガツいくわけでなく、わりと空気が読める肉食。相手の感じを読みつつ攻めるときに攻める」

女性も肉食女子が好きで、付き合ったらサバンナ状態になりたい

「僕だけ肉食で、ここで来てほしいと思った時に相手が草食だと何も上手くいかない。僕も来て相手も来てくれたら」

 

●お酒の力を借りて口説くが…

連絡先を聞いてデートに誘う

会話を弾むし お互いリラックスして話せるので、デートはお酒の力を借りる

お酒を飲むと桐山は、3、4杯で酔っぱらい、イエーイ!なハッピー野郎に

相手を酔わせたいのに、先に酔わされる

いつの間にか眠くなって、気付いたら店で寝るや

タクシーに乗せられて気付いたら家で寝てるとかを繰り返す

 

●付き合ったら、冷蔵庫の中のありもので料理を作ってあげる

ある程度の食材があったら、サッパリ系からコッテリ系まで作ることはできる

 

●小さい頃の将来の夢は、仮面ライダーになること

仮面ライダーカブトから仮面ライダーディケイドまで

連続でオーディションを受けたが、惜しいところで合格を逃す

2009年9月、仮面ライダーWで菅田将暉とW主演

オーディションに合格した際、あまりの嬉しさに泣いてしまったという

特に好きだったライダーは仮面ライダーBLACK

単独変身する仮面ライダージョーカーはBLACKの要素を取り入れて考案

ジョーカーの変身ポーズは、自身が提案したものが採用された (38)

仮面ライダードライブで主役に抜擢されブレイクした俳優:竹内涼真

 

●サッカーでプロを目指していた

5歳からサッカーをはじめ、高校時代に東京ヴェルディのユースに所属

サッカー推薦で大学に進学が、

「自分はプロ選手にはなれない」と思いサッカーを断念した

 

●デビューのきっかけ

元々、映画が好きだった

サッカーに多額の援助をしてくれた親を説得するために、

オーディションのグランプリを目指す

2013年4月、知人の勧めで応募した女性ファッション誌:minaの

初男性専属モデルオーディションで2457人の中からグランプリを獲得

 

●超体育会系ダイエット

サッカーを辞めてオーディションに受かるまで10キロも太ってしまった

そこでダイエットしようと新宿から熱海まで走った

14時間半かけて走る超体育会系ダイエット

5時間くらい経った頃から、股に激痛

コンビニでリップクリーム購入、出血部に塗って残り50キロを走った

股ズレになり帰りは、ロマンスカーに乗って戻った

1日で4キロも痩せたという

 

●街中で80%の声量で歌ってしまう

周りに変な目で見られていることも分かっているが、

止めると負けた感を感じ、気持ちいから止められない

仕事終わり、駅から自宅までの帰り道に歌うのが楽しみ

自宅に辿り着くときに歌い終えるように調整、

歌い終えるために少し遠回りすることも (283)

有吉反省会で紹介

●パワースポットにハマりる俳優:賀集利樹

2001年、仮面ライダーアギト役でブレイク

情報番組「ラジかるッ」をはじめ、ドラマやバラエティーで活躍

そんな賀集の生き甲斐はパワースポット巡り

これまで神社や寺、霊山など1000カ所以上のパワースポットに訪れた

 

賀集いわく、パワースポットに行くと、自然の大きさを感じる

その中で人間が生かされているから、

自分の悩みが小さいと認識できるという

しかし1人で行くのが寂しいという理由で

事務所の方を無理矢理 連れまわしている

 

連れ回されたマネージャーによると

「突然 青森県の恐山に行きたいというので12~13時間 自分が運転させられ、カーナビに載っていないような場所で、賀集は助手席でずっと寝てたり…」

また別の日、マネージャーが高松に家族旅行へ出かける情報を聞きつけると

「突然 賀集がうちの家族旅行についてきて無理矢理 高松のこんぴらさんに行くことに」

もちろんマネージャの運転で10時間以上かけて、

こんぴらさんに着くと1400段の階段を登らされる羽目になった

さらにパワースポット巡りのため

自腹で15万円の登山グッズを購入させられたという

 

最初は友人を誘っていた、1、2回は付いてくるが、そこから電話にも出てくれない

どんどん友人の減っていき、仕方ないので事務所の人を同行してもらっている

 

パワースポットにハマったキッカケは、伊勢神宮をお参りしてから

感銘を受けた賀集は、

歴史、神社、神道を学びたいと大学に通い始める

自分で行き始めてから、止まらなくなった

お風呂に日本酒を入れたり、粗塩で身体を洗ったり…

 

そんな賀集を見て大久保は「自然と向かい過ぎて社会性が無くなった」

 

将来の夢は、神職の資格をとって神主になること (838)

スポンサード リンク