円形脱毛症」タグアーカイブ

ダレノガレ明美の母は、美人なイタリア人

1人目の夫との間に長女と長男、

2人目のブラジル人と日本人のハーフの夫との間に次男とダレノガレ明美

現在は2度の離婚を経て、3人目の日本人夫と再婚

・母は、ブラジル育ちのイタリア人なのにサッカーが嫌い

週末はテレビの前から離れない父親の「飲み物を持ってこい」や

「飯を持ってこい」などの用事を頼まれ、

全く外出できないためサッカーが大嫌いになった

・母は、映画が嫌い

テレビで放送していたセクシーなシーンを

しばらく観ていただけで離婚届を突きつけるほど

 

●嫉妬と円形脱毛症

ダレノガレが生まれてすぐに日本で暮らし始めた

しかしその直後、両親が離婚

父がいない寂しさからいつも母に甘えていた

3歳の時に、母が現在の父と再婚

小学4年生の時に、年の離れた姉が子供を産んだ

以来、家族の関心が姪っ子に注がれるようになると

両親を奪われたと思い、甥っ子に対する嫉妬が芽生えた

そして髪の毛が徐々に抜け始め円形脱毛症に

頭の半分ぐらいが剥げてしまい、カツラを購入した

髪の毛が抜けてしまうのは自分の弱さにあると気付いてからは、

心を強く自立して成長することに徹し、中学3年生の頃には完治した

 

●67㎏の肥満時代

肥満のコンプレックスは、異性の冷たい態度がきっかけ

ソフトボールのキャッチャーとして活躍していた中学時代

部活を引退した3年生の時、男子から「おいデブ!」

「えっ私デブ?」「学校内じゃお前デブって有名だよ!」

その時のあだ名は、歩くダルマ

クラスの女友達にも「私ってデブなのかな?」と聞き、

「えっ全然太ってないよ」と言ってくれたが、

少しすると女子の間で手紙が回っていた、私の番かと思っても渡されない

奪って中身を見ると“明美って自分がデブって気づいてないよ”

ダレノガレのウエストを予想で書かれていた

 

●失恋

兄が医療系の学校に進学したため、家計がひっ迫

ダレノガレは高校時代、アルバイトを掛け持ち

学費以外の定期代などはすべて自分で稼いでいた

高校を卒業した後、アパレルや歯科助手などの仕事をする中、

21歳の時にスゴイ失恋、見返してやる、を目的に芸能界入りを決意

(351)

スポンサード リンク
スポンサード リンク