格闘家」タグアーカイブ

1993年、K-1の旗揚げに関わった元K-1ファイター:佐竹雅昭

絶頂期には大晦日の定番として毎年のようにテレビ中継されていた

 

しかし旗揚げ当初は全く人気が出ず、会場はガラガラだった

そこで何とか客を呼び込もうと考えたアイデアが、

会場がガラガラでも客を一か所に集めて、

カメラのアングルだけで満員に見せる

また多くの芸能人を招待すて華やかな会場をアピール

そのかいあってK-1の人気は爆発

ファイトマネーは、マックス1000万円、立ち上げ時は、100万円

 

●1999年、突然 K-1を引退

頭角を現してきた武蔵との対戦で、

ダウンを奪いながらも3対0の判定負け

納得できずリングサイドに詰め寄り、説明を求めた

「佐竹 そんなことはどうでもいい」

この「どうでもいい」で佐竹の糸が切れしまった

「どうでもいいなら、分かりました。辞めさせてもらいます」

翌年、K-1のライバル団体だったPRIDEに電撃移籍

 

●PRIDEでボッコボコにされ死に淵をさまよった

相手はランペイジ・ジャクソン

寝転んでいるときに四点ポジションで、顔面にいきなり膝を入れられた

頭がい骨を陥没、背骨まで折れていた

PRIDEのファイトマネーは、マックス2500万円

 

●2002年、現役を引退し、政治の道へと転向

2013年に「佐竹さん 選挙でないか?」と自民党からの出馬のオファー

自民党の参議院全国区比例の公認で参院選に出馬

結果は自民党圧勝の中、惜しくも落選

現在は、フィギュア好きからサブカルチャー評論家として活躍している

(103)

スポンサード リンク

有吉反省会で紹介された総合格闘家:所英男

数々のバイトを掛け持ち、闘うフリーターとして

大晦日の格闘技イベントで活躍した所英男

まだ無名だった2005年の夏、当時の世界チャンピオンを相手に裏拳でKO

フリーターから一気にスターダムにのし上がったシンデレラボーイ

 

そんな所は、2011年に放送作家をしていた奈々さんと結婚

そんな妻は、洗濯大好きな夫に悩んでいるという

 

●洗濯が好きすぎる総合格闘家:所英男

 

練習から帰宅すると、そのまま洗濯機に直行

練習着だけでなく自分が着ていた服も洗濯

そのまま所は、回るドラム式の洗濯機を見つめ続ける

所いわく「洗濯物が叩きつけ荒れる姿が快感らしい」

そのため1日1時間は見ているという

さらに干す時のこだわりは、16㎝間隔

洗濯物が乾いたら、正座しながらたたむ

妻の物も含め、洗濯には一切 手を出させない

 

所が洗濯に執着する理由は、実家がクリーニング店だから

自身も飯田橋にある東京クリーニング学校の卒業生

クリーニング師という国家資格まで持っている

 

そして所が経営するジム:所プラスでも

会員が使う軍手や忘れ物の衣類を所が自ら洗濯している

(592)

●両親の離婚

1983年、パキスタン人の父と日本人の母の間に生まれた

幼少期はピアノやフルートの習い事

父は大使館勤務、MALIAはいいとこのお嬢様だった

しかし10歳の頃に両親が離婚

これをキッカケに分かりやすい反抗を繰り返し、

渋谷に入り浸るようになり金髪、細眉のギャルに変貌

15歳でギャル雑誌「egg」からスカウトされ、モデルデビュー

瞬く間に毎月表紙を飾る渋谷系ギャルのカリスマに

しかし18歳で妊娠が分かり、19歳で出産

妊娠に母親は激怒、毎日が喧嘩となり次第にMALIAは避けるように

元Jリーガー:田中隼磨と1度目の結婚し、子育てをするためモデルを休業

しかし価値観の違いから9か月で離婚

生活費を稼ぐためモデルに復帰

その2年後に格闘家:山本KID徳郁の子供を妊娠し、結婚

モテすぎた山本のせいでメンタルが大崩壊、4年後に離婚

 

3児を育てるシングルマザーだったが、

2015年、8歳年下のJリーガー:佐藤優平と結婚

●Jリーガーを落とした技

天皇杯で横浜マリノスが優勝し、その祝勝会で出会った

3階から降りたエレベーターの中で、口と口が触れた

おもわず「もう一回♥」とMALIAは漏らした

エレベーターが1階に着くと、離れたくないので

3階のボタンを押し、3階に着くと1階のボタンを押す、

と繰り返すこと3往復

 

●5歳の長男を単身フィリピンにホームステイさせた

18歳で妊娠して19歳で出産した長男

食べ残しが多かった長男は、テーブルの下いる犬に食べ残しを与えていた

その後、長男は食べ残しをゴミ箱に捨てた

見つかって焦ったのか、皿ごとゴミ箱に入っていた

知り合いにフィリピン人がいたので、

ホームステイさせてほしいとお願いして一人で2週間 行かせた

2週間後、次男を連れてバカンス気分でフィリピンに迎えに行くと、

長男は見違えるほど大人に成長していた

 

帰国すると格闘家と同じくらいの量を

5歳の長男に与えていた事に気付いた

 

●息子の代わりにメール送信

6年生の長男には、ジュニアユースで遠くまで通っているので、

連絡が繋がるツールとして携帯を持たせていた

禁止していたLINEのゲームを間違えて母親に送ってしまい、携帯を没収

すると真夜中にも関わらず、ずっと携帯が鳴っている

あまりにもうるさいので見ると、クラスの女の子たちとの

LINEのグループチャットだった

我慢できずに

“ママです。今 没収されてますから明日学校で直接話しかけてあげてね”

と送信すると、ピタッと止まった

翌日長男に送信したことを言い、学校から帰ってきた長男に様子を聞くと

「何も言われないし、むしろ話しかけられなかった…」

 

●オープンな性教育

MALIAはシングルマザーだった時期に、小学校4年生の林間学校の前、

もし何かがあったらいけないからコンドームの使い方を教えた

長男は「ママまだ僕は使わないよ」と冷静に返された

 

●ブラジリアンワックス

自身は目から下が無毛

自分の彼氏にも目から下の毛をブラジリアンワックスで抜毛するMALIAが経営するMoalani wax原宿

(7808)

スポンサード リンク