Tag Archives: 洗脳

●22年間 宗教団体に洗脳され続けた女芸人:佐伯玲子

桃井かおりやキャシー中島などのモノマネでブレイクした佐伯玲子は、

バカルディ、テンション、広川ひかるらとホリプロお笑い班として活動

伊藤かずえ似のルックスで人気も高かった

その後もモノマネ番組などで活躍したが、90年代後半テレビから姿を消した

 

現在、彼女が住んでいるのは都内にある公共住宅

シングルマザーの佐伯は小学6年生の息子と2人暮らし

 

デビュー当初、ホリプロからイチオシされた佐伯の活躍は

目覚ましくドラマに出演するまでに

しかし常に期待されるプレッシャーと

人気がいつまで続くのか?不安な日々を過ごしていた

芸人としての自信が揺らいでいた2年目のある日、偶然 こんな会話を耳にする

「教祖様はやっぱり凄いよね!お墓参り行くだけで凄いエネルギーが貰えるんだもん」

お墓参りするだけでエネルギーが貰える?その言葉が佐伯の心の隙間に入り込んだ

偶然 居合わせた2人は、東京に本部を構える教団の信者

後日 佐伯は集会に参加

 

・金銭の要求が全くない

教団の教祖は、40代後半の女性、信者数は200人程度

教団の教えは、お墓を大切にすること

お墓参りに行くことで先祖のエネルギーを貰えるというシンプルな教え

しかも入会金やお布施の強要は一切ない

その手軽さから週2回行われる集会で話を聞くようになった

 

・奇跡体験を目撃

ある集会でリウマチで立てない女性の足に教祖が触れると、

女性が自然に立ち上がった

教祖いわく、波動と呼ばれる宇宙エネルギーを教祖の手を通じて送り込んだという

お腹の赤ちゃんに障害がある可能性が高いと言われた女性に

波動を送ると元気な赤ちゃんが生まれた

 

・起こった出来事全てを教祖の教えと結びつける

多くの奇跡を目撃し、教団を妄信するようになった佐伯は、

自ら「先生!私にもお札を売ってください」

お墓にお供えする2000円のお札、1本1万円のお神酒、

さらに教祖のパワーが詰まった3万円のペンダントを集会のたびに買い漁るように

すると知り合いの芸能関係者から脚本の仕事が舞い込んだ

仕事が来た理由を教祖のおかげと思い込んだ

すると佐伯の行動はさらにエスカレート

 

入信から4年、30歳の時にプロレスラーの男性と結婚

しかし中々子宝には恵まれなかった

子供が欲しかった佐伯は、集会のたびに波動を入れてもらった

 

入信から13年、39歳で男の子を授かった

ついに夫と息子も教団へ連れて行くように

入信から18年目、44歳の時、佐伯の体に異変が見つかった

病院で検診を受けたところ、子宮筋腫と診断

すでに11㎝とかなり大きかった

医師から子宮の全摘出を勧められたが、

「私は手術はしません!教祖様の言うことは絶対なんです!」

前日 病気が分かった佐伯は、教祖に相談

「医者からは全摘出しろと言われているんです」

「それはダメ、もっと波動を入れないと手術しても失敗します」

波動エネルギーとお墓参りで治すように提案された

夫は何度も手術するように説得したが、聞く耳を持たなかった

そんな佐伯に耐えられなくなった夫はついに離婚を切り出す

家庭崩壊、シングルマザー、その結果、生活も一気に苦しくなった

しかし佐伯は母が援助してくれたお金まで教団へ注ぎ込むように

子宮筋腫はいっこうに改善せず大きくなり続け、直径30㎝にまで達していた

 

そしてバセドウ病を発症

体重は一気に10㎏激減、さらに転倒し手首を骨折

精神状態も不安定になり、息子にまで当たるように

入信から22年、佐伯はあることをきっかけに宗教依存から脱却する

 

ある日 佐伯は昔仲の良かった友人に再会

佐伯の変貌ぶりに驚く友人に、これまでの経緯を説明した

すると「そんなのウソだよ!その教祖の会ってからどんどん不幸になっているじゃない」

佐伯は最後に教団が所有する保養所で行われる1泊2日の波動合宿ツアーに参加

参加費用は26000円で参加できるのは命にかかわるような重病患者のみ

1日中、教祖の波動を体に注入してもらった

帰宅後、ノロウイルスに感染

あれだけ波動を入れてもらったのに、ノロウイルスにかかるのか?

ようやく気付いた佐伯は、すぐさま手術

 

最終的に佐伯が教団に費やした金額は総額1000万円以上 (716)

スポンサード リンク

金スマでX JAPAN Toshiの洗脳騒動の真相を本人が語った

●X JAPAN Toshi洗脳騒動の真相

1990年代、日本の音楽シーンを席捲したX JAPAN

CD総売り上げは2100万枚を記録

しかし人気絶頂の最中、Toshiは突然脱退、バンドを解散に追い込んだ

●1965年10月、千葉県 3兄弟の末っ子として生まれた

●1989年4月、Xとしてメジャーデビュー

1992年、日本人初 東京ドーム3日間連続公演

1992年7月、ソロ活動をスタート

それに伴い、個人事務所を立ち上げ、一番上の兄が社長に

まもなく兄は自分が有名人にでもなったかのような態度をとり、

社長業をおろそかにしてToshiのギャラで遊んでばかりだった

その額は莫大なものとなりToshiだけでなく、

X JAPANにも多大な迷惑をかけているという事で社長を解任した

さらに母はXのファンを千葉の自宅に招き入れ、Toshiだけでなく

幼馴染のYOSHIKIの幼い頃のビデオや写真を無断で見せていたという

それでファンからお金をもらった事があるという噂を耳にする事も

1993年、兄の後継ぎとして友人に社長を頼んだが、

大きな金銭トラブルがありお金の事で彼と揉めてしまった

誰もが羨む成功が彼にもたらしたものは最も身近な人々への人間不信だった

●1993年5月、妻となる守谷香との出会い

Toshiが主役を務めるロックオペラ「ハムレット」のヒロイン役オーディション

アピールする女性が多い中、控えめな部分が目立つ女優に目が留まった

Toshiの恋人役として共演する事が決まった女優こそ、

のちに彼の人生を大きく揺るがす事になる守谷香だった

守谷香とは舞台での共演後も友人として関係が続いた

1994年秋、ロスから帰国した時に再会

大粒の涙をためながら優しい言葉をかけ、

直筆メッセージ入りの短冊をToshiに渡した

“死ぬ時は手と手をつなぎ逝きましょう”

それは人間不信に陥っていたToshiの心に沁み渡った

程なくして2人は交際をスタート

●1995年11月、4年ぶりの全国ツアー

X JAPANは世界進出を目指し、活動の激しさが増していく

ToshiはYOSHIKIから英語で歌うためのネイティブな発音や

より高い表現力を要求されるように

悩むToshiに守谷香は、

「見栄を張る事もカッコつける事もないよ」

「ありのままのToshiさんでいいんだよ」

「色んな装飾を身にまとう事は心を重くするだけだよ」

「メイクも金髪もいらないじゃない」

優しく語る彼女の言葉はToshiの胸のつかえを取り除いてくれるようだった

そして…1996年、DAHLIAツアーでメイクをなしでステージに立った

1996年冬、守谷香が好きだというヒーリングCDをかけた

「この曲をかけていると自然と涙が出てくるの。素晴らしい音楽だわ」

「あぁなかなかいい曲だね」と曖昧な返事をした時、突然 守谷香は

「もうXなんてやめていいんだよ!あんな家族とも縁を切ればいい!これからは真に人の心を癒せるような こんな曲を歌えばいいじゃない?お兄さんもYOSHIKIさんも周りにいる人みんな、Toshiさんを都合の良いように利用してきただけでしょ!もうそんなのに振り回されるのやめようよ。私はもううんざりよ!」

急に感情的になった彼女は一気にまくしたてた

彼女がかけていたCDはToshiを洗脳する団体の主催者が作った曲だったという

そんな事には全く気付かないままToshiにとって守谷香だけが信じられる存在になっていった

●1997年2月、守谷香と結婚

同年4月、YOSHIKIに「Xを脱退したい」と告げ、しばらくの沈黙の後、

YOSHIKIは「分かったよ。Toshi」と意外にもあっさり受け入れてくれたという

しかし他のメンバーはそうはいかなかった

特にギターのhideは「ボーカルがいなくなったらXはどうなるんだ?俺たちの人生どうなるんだよ!XはToshi君だけの人生だけじゃなくて皆の人生でもあるんだよ」

そんなhideの言葉にToshiは「hideちゃん、新たな人との出会いがあって新たな価値観が生まれた。俺…これからは人を救いたいんだ」

「救えばいいじゃん音楽で」「いやXにいたらそれはできないと思うんだ」

hideとは分かり合えないまま、こんなやり取りをしてToshiはX JPANを脱退した

同年8月、妻に誘われ、都内にある洋館を訪れた

その建物の地下室で特別なコンサートが開かれるという

うす暗い部屋には、以前 妻に聞かされたヒーリング曲が流れ、

すでに10人ほど客が来ており、みな一様に肩を落としうつむいていた

すると程なくして姿を現した40歳くらいの男性

彼は自称ミュージシャンのM、その後、Toshiを洗脳する団体の主催者であるが、

この時は団体について何も聞かされていたはいなかった

やがて男性は流れているカラオケ曲に合わせて歌い出した

すると…客たちは一様に泣き始めた

異様な雰囲気のコンサートは約1時間で終了

すると女性スタッフから「彼が特別にあなたがたに会って良いと言ってますが、どうしますか?」

「会いたいです」すかさず返事をした妻に促され、Mに会うため2階に通された

そこでMは「これからは癒しの時代にがやって来る。本質的な事をやれば多くの人を感動させることが出来るんです。地球に貢献できる本質的なモノだけを作る。それが分かる人たちだけに売る。それだけで十分豊かになるんです」と持論を話し始めた

そして「私はね、セミナー会社もやってるんですよ。もちろんそのセミナーの話は誰にでも話すというわけではない。あなた方には特別にお話をする」

「それはどんなセミナーなんですか?」妻が食いつくと「まぁ今日はこれくらいして、詳しいお話が聞きたければいつでもここに来ればいい。特別ですよ」

同年9月上旬、数日後、セミナーの説明会が行われるという連絡が入った

しかしその日、Toshiは風邪をひき39度の高熱に苦しんでいた

すると妻は「2人で行かなきゃ意味がないのよ!」「今日は無理だよ」

「駄目よ 行かなきゃ!あなたが生まれ変わろうとするのをあなたのエゴが怖がって本質に向かわせないようにしているのよ!だからそれに負けないで行こう!」

言葉の強さと必死さに驚いたものの、この時 Toshiは(こんなに真剣に想ってくれているのか)

そう思い、説明会の会場へと向かったという

見学後、申込用紙が用意され、セミナーのスタッフから

「自分で決めてください。今決めないのはあなたのパターンです。そのパターンを今突破してください」

「いやでも…」「これを受けなかったら何も変わらないのよ!」2人からの執拗な説得を受け、セミナーに参加する申込書にサインしてしまった

参加費は1人7万円、妻の分も含めた14万円を支払った

●同9月22日、X JAPANは解散を発表

会見から5日後の9月27日、Mが主催する自己啓発セミナーに初めて参加した

期間は3日間

●1日目、すでに10人ほどの受講者たち、さらに

ホワイトボードには“これは自分を見るトレーニングです。”と書かれていた

しばらくするとMが現れ、「これから10分間、自由にお過ごしください」

と言うと立ち去ってしまった

10分後…「この10分間、何がありましたか?それがあなたの人生です。周りの様子ばかり気になった人はいませんか?何をすればいいんだろう?不安に感じた人は?どういう意味だろう?裏を疑った人。それがあなたの人生なんです」

的を射たMの話にToshiは惹き込まれた

やがて守谷香をはじめ、一斉にすすり泣く人々

●プロセス「出会いの実習」

「まずは部屋を歩き回って他の誰かと無言で出会ってください。そしてその相手に対してどう感じたか?近付きにくいです。近付きやすいです。よく分かりません。この3つの言葉から1つ選んで相手に伝えてください。では始めてください」

とりあえず言われるままに動き出す

すると…Toshiは出会った人 全員から近づきにくいと言われた

さらに妻からも「よく分かりません」親しみやすさを否定された

「自分が近づきやすいと言われたくて、相手にも近付きやすいと言ってしまった人はいませんか?」

Mは人の心を見透かしたような物言いを繰り返す

するとToshiは増々興味を惹かれていく

だが、後に分かった事だが、参加者全員がセミナー団体のスタッフ

Toshiいわく、妻の立ち振る舞いはスタッフのようだったという

2日目、

●プロセス「シェアー」

幼少期に受けた悲しい経験を告白し合う、その内容が酷いほどMには褒められた

彼らはこれをシェアーと呼んでいた、苦しみを共有する作業

Mの巧みな誘導により、過去の何気ない体験を歪めることから洗脳が始まっていく

●プロセス「セラピー」

セラピーとは本来、心理療法を意味する言葉

このセミナーでは自分の中の恨みや怒りを体で表現

床に見立てたマットレスを家族に見立てて殴り蹴りつける

Toshiの頭の中は真っ白になり口からは親や兄貴に対する怒りの言葉が次々と飛び出して止まらなくなった

●プロセス「フィードバック」

それは馬頭と暴力を受ける事が伴うものだった

「これはあなたのため、あなたの本質を信じてやるんですよ」

自分は良くない人間である事、昔からコンプレックスだった容姿について集中的に罵倒された

「X JAPANなんてもっとも自我が強い、悪の権化だ!」

そして「ギラギラした気持ち悪い劣等男!おまえはそのエゴ人間の中でも最低最悪のうじ虫男なんだよ!」

妻の罵倒も聞こえてきた

セミナーは自尊心を崩すモノばかりではない

「ここがお前の故郷だからいつでも帰って来い」この飴に心が揺らいだ

3日目、

●プロセス「卒業式」

全ての工程をやり遂げた後、卒業式という儀式が行われた

「卒業 おめでとう」Mから花束を手渡され、祝福の拍手を送られる

するとToshiの中で意識が変わっていき、最後には感動の涙を流していた

こうしてToshiは、このセミナーに通い続けていくことになる

 

2009年10月に逃亡し決別するまで12年続いた

この12年間で失った損害は10億円以上、そして人生の全て

 

通い続けるようになったセミナーの受講料は1回数十万円以上

主催者Mにお金を使ってもらうのは素晴らしいこと、と繰り返し言われたという

そしてToshiは月に数百万円あった収入と

X JAPAN時代に貯めていた数千万円の蓄えを全てセミナーにつぎ込み、

守谷香との結婚からわずか10か月で所持金が底をついた

●同12月31日、解散コンサート

この日も朝まで恫喝と暴力を受けてから東京ドームに向かった

頭の中で響くMと守谷香の幻聴

●1998年5月2日、メンバーのhideが泥酔自殺により死去

Toshiも葬儀に参列 X JAPANの「Forever Love」を歌い、別れを告げた

だが、hideの死を知った日も「フィードバック」が行われた

「hideが死んだことでお前も思い知っただろう!ここを離れて一歩でも外に出たら、あいつと同じ目に合うんだよ!お前はたまたまうちで救われたからこうやって今 生きてるけど、お前も同じ穴のムジナだったんだ」

1998年9月、Toshiがある活動に溺れているという記事が掲載され、洗脳騒動が巻き起こった

当時、事務所社長だった2番目の兄が洗脳騒動を仕掛け、自分を潰そうとしていると思い、

洗脳されたと報じた記事に対し、真っ向から反論

そして主催者M、妻:守谷香と共にテレビの生放送に出演

この洗脳騒動は日に日に激化し、家族までもが「戻って来い」という記事が掲載されることも

団体に迷惑をかけたToshiに主催者が科したトレーニングが、

主催者のCDを店に置いてもらうように営業する事だった

時にはX JAPANのToshiとバレないように変装し、CDショップに飛び込み営業する事も

さらに自らアポを取り、全国各地での商業施設でのライブ活動

曲は主催者Mが作詞作曲したモノ

会場では主催者MのCDを販売

2年間で500回以上も行い、売上は数千万円にもなったという

その売上は事務所の取締役に就任した守谷香が管理、Toshiに入ってくるのは最低限の生活費だけ

さらに所有するX JAPAN時代に愛用品を売り払い、全てのお金を団体に捧げた

Toshiとは別に守谷香は、団体施設で主催者Mとの集団生活を送っていた

2004年4月、団体施設で児童が虐待を受けている疑いがあるとして児童相談所に保護されるニュースが流れた

この報道に対し、Toshiは否定

被害者が団体施設に対し、2000万円の損害賠償請求が提訴された

Toshiは、この事態にも妻やMは正しいことをしていると思い込んでいた

●2006年9月、主催者Mを初めて疑うキッカケが訪れる

「そういえば昔の知人からX JAPANを再結成しないか?って言われたんですけどね。何言われてもやる気はないからって追い返しました」

「具体的にどんな話をされたんだ?」

「あぁ、X JAPANやるなら3億円出す…って言ってました」

「本当に3億って言ったのか?じゃあ、そいつと一度会って話を聞いてみよう」

同年10月、Toshiと守谷香 同席のもと再結成を持ちかけてきた人物と主催者Mが面会

「契約金3億円、1億5000万円はすぐにでも用意できます」

すると「Toshiはね、どうしてもヤダって言うんですがね。私が言えば説得が出来ます。私はToshiの全権を握っていますから」

こうして再結成を持ちかけた人物が帰った後、主催者Mは、

「Toshi、もしX JAPANがこっち主導で再結成すれば利権は全て俺のモノで確定するんだよ」

それまで罵声と暴力で「X JAPANは悪の権化」と信じ込まされていたToshiにとっては理解しがたいこと

結局は金なのか?主催者を初めて疑った

●2007年10月、X JAPAN再結成

だが3億円だけでなくToshiに舞い込むX JAPANの再結成に関する大金は、

全て妻を介して主催者の手に渡る

Toshiは1日500円で出来合いのおにぎりを食べて暮らしていたという

2009年6月、長い間続いていた妻:守谷香への現金手渡し

この日もやっとの思いで500万円を用意したのだが、

「全然 金が足らねぇんだよ!こんなんじゃ!お前のせいでみんながどれだけ辛い思いしてると思ってんだ、このアホ男!」

この時、抑圧されていた無意識の感情が噴き出した

「どうせ金だけなんだろ!」Toshiいわく、これが妻への初めての反抗

すると妻は…「私はあなたに純粋になってほしいだけなのに…」

ポロポロと大粒の涙を流し始めたという

しかし妻に反抗したことで激しい馬頭と暴力として返ってきたという

「ヤクザに売り飛ばす」という主催者の言葉には現実味があった

今はこの2人から逃げるしかない…意識が朦朧とする中、Toshiは逃亡を決意する

2009年7月7日、YOSHIKIからのオファーを受け、

都内のスタジオで新曲のレコーディングをすることに

YOSHIKIサイドには誰にも伝えないという事を約束してもらい、スタジオへ向かった

実はこの数日間、決死の覚悟で守谷香殻の電話を無視し、行方をくらましていた

スタジオに入ると守谷香が待ち構えていた

どうにかその場は逃げ切ったのだが、ここで捕まれば自分はどうなってしまうか分からない

12時間に及ぶ長いレコーディング

とにかく一気に走って逃げるしかない…

しかし団体幹部も待ち伏せており拉致されてしまった

明け方の3、4時まで暴力が続いた

●2009年10月、X JAPANの傍ら、一人で続けていたドサまわりのイベント先のレストランでリハーサルを行っていた時の事

慢性的なストレスと睡眠不足、相次ぐ暴力により体が悲鳴を上げた

異変に気づき病院に運んでくれた人物、それはイベントに呼んでくれた会社の社長

「そういえば先ほど奥様にも連絡しておきましたよ」

「なんてことを!あいつらは僕を連れ戻しにやって来るんです!」

社長の知人である警察関係者の家で匿ってもらい、何とか逃亡に成功することが出来た

2009年10月26日、主催者、妻、団体に対し、決別の意を述べる文書を送った

その後、Toshiらの調べによると、妻に任せていた個人や会社の数億円の税金未納、借金未払い、健康保険の滞納が発覚

12年間で奪われた金額は10億円以上

2010年2月、守谷香との離婚成立

4月23日、団体側から申し入れがあり被害者側の勝訴的和解が成立

同月、Toshiの破産管財人が主催者や元妻、団体への損害賠償請求の裁判を起こした

2014年6月、Toshiの破産を巡る裁判も和解となった (6833)

スポンサード リンク