渡辺裕之」タグアーカイブ

真面目すぎる俳優:渡辺裕之

 

●もしもの時に備え常にロープを車に積んでいる

番組でロッククライミングを体験

懸垂と言うロープを使用した降り方を知った

滑り落ちた共演者の女性を渡辺が受け止めて、

そのまま懸垂で降りることができた

これは救助に役立つと思い、以来 車に積んでいる

 

●人助け

2007年1月、車の横転に偶然 目撃

駆け寄って後部座席で動けなくなった男性を引きずり出した

常備していた毛布が役に立ったという

 

●毎日ゴミ拾い

ゴミがあると拾いたくなる

町内、通勤道路に捨てられていると運転していても停めてゴミ拾い

車内にはゴミ拾いセットを常備している

健康のためにランニングを始めると、その帰りにゴミ拾いをするように

45リットルのゴミ袋が、4、5袋

ゴミ袋を使って上腕二頭筋を鍛えている

毎度、尿の入ったペットボトルを拾っている

 

最初は地域愛、そのうち祖国愛に発展

ゴミを拾う瞬間に、ゴミを捨てた人のドラマを思い描いてしまう

例えば、口紅の付いたタバコが交差点に捨てられていた

助手席に座る女性、もしくは運転している女性?

その横に座っている小学校低学年の子供が、捨てるシーンを見ている

その子はどういう風に育つのか?

自分の住んでいる日本を汚している、

こんなことで日本はいいのか?と想像する

 

●拾った財布

これまで財布は4回拾っている

中に免許証などの情報があったら

指紋などを崩さないように確認して写メを撮り、警察に届ける

その人がFacebookにいないか?調べて、メッセージを送る

これまで2名ほどFacebookで落とし主を見つけて、メッセージを送っている

これらの行為を良いことではなく当たり前のことだと思っている

 

●俳優になったきっかけ

「役者になりたいんですけど、どこに行けばいいですか?」

とフジテレビの受付を訪問した

受付嬢は渡辺をフジテレビのドラマ制作部に案内した

行ってみると誰も相手してくれない

スタッフに声をかけると「こんなとこに来ちゃダメだよ」と叱られた

「タレント名鑑という本があるから、それで事務所を調べなさい」

言われた通り、タレント名鑑を購入して、

3か所の事務所に連絡したが、結果的にダメだった

 

学生時代、ドイツ空港でバイトしていた渡辺は、

笑っていいとも!に出演するドイツ人に可愛がってもらっていた

そのドイツ人がCMに出演することになり付き添ってスタジオに同行

他の出演者の外人と話していると、CMの監督が渡辺を通訳を勘違いし、

「ちゃんと通訳しろよ!」と指示してきたので通訳した

これがきっかけで、その事務所のマネージャーになった

その事務所で3年 マネージャーを続け、その後、事務所が分裂したので

マネージャーのノウハウを生かして役者として独立

東北新社に自分を売り込み、最初の仕事となるコカ・コーラのCM出演を取った

(410)

スポンサード リンク
スポンサード リンク